2014年9月13日土曜日

岡本裕士さんインタビュー・日本ブラジリアン柔術連盟×ジム代表×選手の交流会にて--

連日お伝えした日本ブラジリアン柔術連盟×ジム代表×選手の交流スパー&親睦会。主催は連盟審判部長であり、同ジム代表・桑原幸一氏ですが、企画者のもう一人は驚異的な極力を持つ“鬼極”岡本裕士さん(RJJ代表)です。岡本氏はJBJJF、DUMAUなど団体気にせず様々な大会に出場しています。だからこそ、より日本柔術界をよくするために、今回の交流会を企画したそうです。そんな岡本氏に交流スパー後、インタビューを行いましたので、今回お届けします。


――どういう経緯で、連盟×道場代表×現役選手の練習会が行われることになったのですか?

岡本 たまたまグラスコ柔術アカデミー代表桑原さんのFacebookの書き込みに「飲みに行きませんか?」とコメントしたのがキッカケです。同時にポゴナ・クラブジムの金古さんが賛同してくれて。桑原さんが「よろしければ練習をして、その後にお食事でも。連盟側の人間も呼びますので、意見交換みたいなカタチはいかがでしょうか。」という流れになりました。

――なるほど、発端はFacebookなんですね。

岡本 私からすれば連盟の方々とお話する機会はなかなか無かったので、「是非!」という話に。

――あ、桑原先生とも然程面識は?

岡本 会場で会えば話したり、出稽古に伺わせていただく関係でした。しっかり膝をつけ合わせ話すのは今回が始めてですね。酒を飲みながら、ざっくばらんに今後の日本柔術界のこと、今後のJBJJFのことを、一選手、一道場代表として何か提案出来れば……という思いもあったので。

――岡本さんは連盟に対して、不満などはありましたか?

岡本 特に不満というのはないんですけど、IBJJFと繋がりが強いため、なかなか自由に動けない立場にあるのだなと感じていました。そういったなかでも、もう少しJBJJFの会員の皆さんの事を観て頂けたら有り難いな、といった思いがありました。デパートにしろ、スーパーにしろ、ただ接客しているだけではなく、お客さまの声を聞き、その声を取り入れて改善する店がありますよね。僕ら代表・現役選手の話を聞いてもらい、考えていることを練習会・懇親会を通し伝える。そして連盟の皆さんの今後のプラン、方向性をしっかり聞き、それを自身のジム生、後輩たちに伝える。橋渡し的な事が、僕らに出来たらな、と。不満・愚痴は誰でも言えるけど、改善案・打開案を出せる方がより健全だと思う。人の好き嫌いだけで判断するのではなく、色眼鏡や変なプライドをなくし、クリーンに協力してやれればいいのではないか、と思います。

――JBJJFも最近は「改革路線」を打ち出し、少し変化してきていますが。

岡本 ワンマッチ大会やスペシャルワンマッチを行ったり。フリースパーやセミナーの動きなど、最近積極的に良くして行こう!という動きが出て来ていますよね。柔術家の皆さんにもそれは伝わっていると思います。ただスペシャルマッチは普通の試合と一緒にやっているので、どっちが主役なのか、はっきり区別するのも大事なのかな、と思います。メインはお金を払って出場している選手だとも思うので。

――確かに、他にもそういう意見は聞きますね。
岡本 ただバランス調整は難しいと思いますので、徐々に、徐々にです。でも、良い流れなのは間違いないので、この流れがキッカケでサンボやMMAファイター等が注目したり、柔術に流れてきてくれたりしたら、すごく嬉しいですよね。あとは、若手の柔術家がスペシャルマッチに出たい、と思ってくれて、憧れの舞台みたいになったらいいですね。

--岡本選手にスペシャルワンマッチ出場オファーが来たらどうですか?

岡本 いつでも準備はできています。実は前にオファーがあったのですが、僕がDUMAU出場でダメで。もし出るならば、もう一度小室選手とやってみたいです。僕が柔術を始めるキッカケを与えてくれた、いわば師匠的存在の方なので。試合で恩返しをしたい強い気持ちがあります。あと、過去戦っていない日本人選手で言えば、杉江アマゾンさんとか。アマゾンさんは元RJJ所属だったんです。あとは海外の強豪選手も良いですね。世界トップレベルの選手と対戦したいです。

――それは盛り上がりそうですねぇ~。

岡本 もっとJBJJFが盛り上がったらいいな、と思います。他にJJFJ、Dumauなど主催団体はあり、本当は一本化してまとまるのが理想かもしれません。でも、根本としては柔術を盛り上げたい気持ちは同じだと思うんですよ。現役で試合に出続ける専門にしている選手たち、働きながら柔術を愉しむ方々、初心者の方々、そういう人達がブラジリアン柔術を楽しめる環境がさらに整えばいいかな、と。

――柔術愛は一緒、ですね。今後も練習会は定期的に行う予定ですか?
岡本 桑原先生主催ですので、またタイミング合えば私は参加できたら、と考えております。


そんな岡本氏が代表を務めるRJJが、9月20日に団体戦を開催! 詳細は以下から!

”鬼極”柔術家・岡本裕士がポイント無しの団体戦『Ipponジャンボリー』を9月20日に開催!