2014年1月18日土曜日

週末読みたい柔術情報掲載誌【月刊・秘伝】

古武道を中心に剣術、合気道、杖道、中国武術を扱う武道専門誌『月刊秘伝』。1月14日発売の2月号内には柔術家が注目の記事があります。
■月刊秘伝 HP
http://www.bab.co.jp/hiden/

・【続・七帝柔道記に新入部員・中井祐樹氏が登場!】
まず、「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」で知られる増田俊也氏の自伝的小説『続・七帝柔道記』では、北海道大学の新入生として現日本ブラジリアン柔術連盟会長の中井祐樹氏が登場!! 高校時代はレスリング部主将だった中井青年が、大学で空手を学ぼう思っていたのに何故北大柔道部に入ったか、いかに寝技に魅了されていく心情が克明に描かれています。
以下動画は中井青年が入部した時の主将・竜澤宏昌さんの試合動画です。

・【平直行氏の連載では真剣勝負におけるグレイシータックル!】
また、誌面では柔術道場「ストライプル」代表である平直行氏の連載では、格闘家が武術を学ぶ話を中心にしながら、レクチャー部分では刃物を持った相手に対するグレイシー柔術のタックルを教えています。柔術以外にも、第一特集では振武舘武術・黒田鉄山氏による相手から消える“神速”の動き、ロシア軍特殊部隊が開発した『システマ』創設者の長男によるジャパンツアーレポートなど、見所は満載過ぎます。

ちなみに、1月31日に下北沢B&Bにて、日本のシステマ第一人者である北川貴英氏(システマ東京代表)、松原隆一氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)、そして中井祐樹氏によるトークセッションが『怒りと身体、武術と格闘技をつなぐもの』が行われます。詳しい情報はB&Bさん公式サイトをご覧ください!

B&B公式サイト
http://bookandbeer.com/blog/event/20140131_bt/



2014年1月17日金曜日

週末読みたい柔術情報掲載誌【Jiu Jitsu NERD Vol.2】

■『Jiu Jitsu NERD Vol.2』がいよいよ19日(日)発売!
柔術魂がお休みの間に、ブラジリアン柔術をもっと知る・観る・楽しむためためのオタク的マガジンとして2013年春に誕生した『Jiu Jitsu NERD』。Vol.2が1月19日(日曜)より販売されます。特集の『BJJブロガー座談会・BJJ AWARD 2013選考会』には、僭越ながら弊サイトのライターの一人、加藤も参加させて頂きました。柔術ブロガーは2013年のMVP選手、新人賞に一体誰を選んだのか。選考理由を含まて座談会をお楽しみください。
詳しい情報は橋本欽也さんのブラジルブログを御覧ください!

■IF-PROJECT公式HPで、初回限定盤『GroundImpact』DVD販売開始!
先日お伝えしたとおり、デラヒーバ引退試合などが行われたプロ柔術興行『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』のDVDが発売されていますが、大会主催したIF-PROJECTの公式HPでは表紙が違う初回限定盤DVDの発売が開始されました! コチラの表紙は試合後の感慨深いカットが使われています。また、この初回限定盤には大会記念非売品パッチ付きで、お値段はそのまま4000円。枚数がかなり限られているそうなので、お早めの購入をオススメします!



2014年1月16日木曜日

1月23、24、25、26日開催のヨーロピアン選手権・日本人参加選手

1月23、24、25、26日の4日間に渡りポルトガルのリスボンで開催されるIBJJF主催「ヨーロッパ選手権2014」。1月15日でエントリーが終わり、遂に全エントリー選手が発表されました。正直、参加人数が多すぎて4日開催も納得! 日本からも多数の選手が参加します。

■アダルト黒帯ルースター級
芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)
吉岡崇人選手(徳島BJJ) 
この階級では柔術ルースター級世界最強の座に君臨し続けるカイオ・テハもエントリー。芝本、吉岡のどちらかが王者の牙城を崩すことを期待したいです。

■アダルト黒帯ライトフェザー級
山田秀之選手(デラヒーバジャパン)
世界初挑戦の山田選手、ライトフェザー級には日本でもお馴染みの“ミヤオ”が兄弟揃って参戦!! 一昨年のアジアオープンで、山田選手はパウロに力の差を魅せつけられたが、一体何処まで縮まったのか・広まったのか、注目です。

■アダルト黒帯フェザー級
細川顕選手(ALIVE)
この階級ではアメリカ柔術界の期待の若手、そして先日黒帯昇格したばかりのジャンニ・グリッポが参戦。↓はグリッポ黒帯昇格が発表された時の動画。泣けます。


■アダルト黒帯ライト級
岩崎正寛選手(Carpe Diem)
ジョナサン・トーレス、マイケル・ランギなどスペシャル選手が集まる階級に、若手黒帯の代表格である岩崎選手が一体何処まで通じるか、大物食いなるか!

■マスター1黒帯ライト級
ヨースキ・ストー選手(IMPACTO JAPAN BJJ)
■アダルト茶帯ライトフェザー級
玉木強選手(Carpe Diem)
■アダルト茶帯フェザー級
大塚博明選手(GRABAKA柔術クラブ)
■マスター青帯1ミドル級
正村綱良選手(和術慧舟會HEARTS)
茶帯注目の2人もヨーロピアン参戦。玉木選手は今回階級を落としライトフェザーに、大塚選手は全日本王者として何処まで実力を見せれるか。また、お笑いコンビのタカダ・コーポレーションのボケ担当・おやきさんも乗り込みます。以下、あの門脇さんとおやきさんのスパー動画。

2014年1月15日水曜日

15日(水)は『ADCC JAPAN2014 EAST OPEN』、『第5回東京柔術オープントーナメント』の2次締切日!(追記あり)

1月26日(日)、 中央区総合スポーツセンターで開催されるJBJJF&ADCC共同開催の『第5回東京柔術オープントーナメント』『ADCC JAPAN2014 EAST OPEN』の2次締め切り日です。
本日申し込みの選手は“早期割引”が適用され、参加費が1000円引きになります。柔術(JBJJF会員)ならば4000円、ADCCでも一般で4500円。柔術家・グラップラーには新年の仕事も落ち着いてきたところでの腕試し、として出場はどうでしょうか?

また、お伝えしている通り、ADCC側に鈴木慎吾選手(ALLIANCE)、中村憲輔選手(和術慧舟會AKZA)など総合格闘技で活躍する選手が多数出場予定です。一方、柔術では全日本選手権3連覇の中村大輔選手(GRABAKA柔術クラブ)がエントリーしたとのこと。階級はマスター1ライト級。中村選手は昨年の世界柔術選手権以来の復帰戦になります。また、茶帯強豪の鍵山士門選手(デラヒーバジャパン)茶帯フェザー、無差別にエントリーとのこと。新年早々国内トップレベルと戦えるまたとないチャンスです。


第5回東京柔術オープントーナメント
JBJJF会員一般(白帯のみ)
12/28(土)~1/15(水) 4000円 5000円
1/16(木)~1/20(月) 5000円 6000円
※詳しい登録方法は以下


ADCC JAPAN2014 EAST OPEN
オフィシャルアカデミー一般
12/28(土)~1/15(水) 4000円 4500円
1/16(木)~1/20(月) 5000円 5500円
※詳しい登録方法は以下

2014年1月14日火曜日

プロ柔術興行『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』DVD&Blu-ray発売開始!

昨年3年ぶりに復活したプロ柔術興行『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』のDVD&Blu-rayが、アマチュア格闘技でお馴染みのフルフォースさんより販売開始されました! 日本柔術界にも大きな影響を与えたヒカルド・デラヒーバさんの20分ノーポイント&サブミッション限定の引退試合に、セミファイナルは修斗環太平洋王者・佐々木憂流迦vs植松直哉! 他にも杉江アマゾン大輔 vs 柿澤剛之、羽田徹ィ郎vs松本義彦など、全10試合を完全ノーカットにて収録。DVD版4500円、Blu-ray版5000円。お求めはフルフォースさんのオンラインショップへ!

以下、収録内容&BJJPLUSのレポートプレイバック!


■第1試合 茶帯フェザー級 BJJルール 6分

鍵山士門(デラヒーバジャパン)vs 世羅智茂(GRUNDE CORE)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/10/vsgrunde-coreif-projectprofessional-jiu.html


■第2試合 黒帯ライトフェザー級 BJJルール 6分

山田秀之(デラヒーバジャパン)vs 江崎壽(パラエストラ札幌)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/10/vsif-projectprofessional-jiu-jitsu_11.html

■第3試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分

新明佑介(トライフォース柔術アカデミー)vs 鶴屋浩(パラエストラ千葉)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/10/vs-projectprofessional-jiu-jitsu-ground.html

■第4試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分

小野瀬龍也(リバーサルジム川口リディプス)vs 岡本裕士(RJJ)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/10/vsrjjif-projectprofessional-jiu-jitsu.html

■第5試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分

小澤幸康(TEAM KAZE)vs 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/10/team-kazevsif-projectprofessional-jiu.html

■第6試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分

時任拓磨(PUREBRED大宮)vs 八隅孝平(ロータス世田谷)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/10/vsif-projectprofessional-jiu-jitsu.html

■第7試合 66kg契約 ADCC特別ルール 8分

羽田徹ィ郎(和術慧舟會東京本部)vs 松本義彦(GRABAKA柔術クラブ)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/09/vsif-projectprofessional-jiu-jitsu_25.html

■第8試合 アダルト黒帯ライト級 8分

杉江アマゾン大輔(SAD)vs 柿澤剛之(PUREBRED大宮)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/09/vsif-projectprofessional-jiu-jitsu_26.html

■第9試合 ADCC特別ルール 8分 68kg契約

佐々木憂流迦(WK SURUGA)vs 植松直哉(ネクサセンス)
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/09/vsif-projectprofessional-jiu-jitsu.html

■第10試合 20分一本勝負(判定無し)

ヒカルド・デラヒーバ vs 中井祐樹
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2013/09/if-projectprofessional-jiu-jitsu-ground.html

2014年1月13日月曜日

『ADCC JAPAN2014 EAST OPEN』に鈴木慎吾選手(ALLIANCE)など総合選手がエントリー中

昨日に続き、グラップリングの話題を一つ。1月26日(日)、 中央区総合スポーツセンターで開催される『ADCC JAPAN2014 EAST OPEN』ですが、代表安井氏に聞いた話では「総合系ジムのエントリーが多い」とのことです。知名度の高い選手では、パンクラスでハードパンチャーとしてKOを量産する鈴木慎吾選手(ALLIANCE)が! さらにプロシューターで昨年のADCCアジア予選でベスト8に進出した中村憲輔選手(和術慧舟會AKZA)の名前もあり。プロの選手、総合系アマチュア選手と戦う舞台はなかなかないので、1月26日(日)にエントリーしてみてはいかがでしょうか?

昨年の『Ricaldo DeLaRiva CUP2013』のNO-GI部門に参加した鈴木槙吾選手は、全試合一本勝ちで優勝。



■ADCC JAPAN2014 EAST OPEN 出場費
~1/15(水)、オフィシャルアカデミー4000円、一般4500円
詳しくはADCC JAPANオフィシャルホームページをご覧ください。
下記日程にて参加費が早期割引されます。
オフィシャルアカデミー一般
~12/27(金) 3000円 3500円
12/28(土)~1/15(水) 4000円 4500円
1/16(木)~1/20(月) 5000円 5500円

http://www.adccj.com/

そして本日13(日)は、台東リバーサイドスポーツセンターで開催される「Jiu Jistu Priest CUP 2014 TOKYO」の最終締め切り日でもあります!お忘れなく。


2014年1月12日日曜日

ZST主催『第4回プロ・アマGT-F(グラップリング)賞金争奪オープントーナメント2014』全エントリー選手&大会結果

1月12日、東京大森のゴールドジムサウス東京アネックスでZST主催『第4回プロ・アマGT-F(グラップリング)賞金争奪オープントーナメント2014』が行われました。大会名通り、プロ・アマ混合で行われるグラップリングトーナメントであり、有名格闘家、柔術家がエントリーし、激戦を繰り広げました。以下、エントリー選手&結果です。柔術出身の八田亮選手、嶋田裕太選手の優勝は非常に嬉しいところです。


■フライ級
飯盛将大(和術慧舟會トイカツ道場:ZSTにも出場する新生)
吉本萱彦(トリスケリオン柔術:JML参戦し一本勝ちを量産する関西の若手グラップラー)
龍野真一郎(和術慧舟會兵庫支部:素早いタックルを武器に総合でも活躍)
佐々木洋(マルワジム横浜:JML、ZSTと舞台に戦う)
八田亮(ストライプルオハナ:柔術紫帯では実績抜群。SWAT!フライ級トーナメン優勝しZST本戦出場の総合系グラップラー)
中尾亮(X-TREME柔術アカデミー横浜:柔術茶帯。GT-Fは昨年準優勝)
長谷部悠(リバーサルジム新宿 Me,We:若干20歳の新鋭グラップラー)
澤田健壱(パラエストラ東京:修斗でビッグネームと試合経験豊富なベテラン)
河合日出男(ストライプル世田谷:アマチュア総合経験豊富で、39歳でZSTプロ出場)
杉本寛樹(AXIS千葉:紫帯としてアジアオープン2013ルースター級覇者)

優勝:八田亮
準優勝:澤田健壱

----------------------------------------------------------------------------------
■バンタム級
竹中慎(パンクラス P‘s LAB 東京:鋭いサブミッションを武器に、パンクラスのプロアマキャッチで二度の優勝)
竹下元気(アカデミアAz:打撃のアマ大会に出場など、立って良し寝て良し)
田原しんぺー(K-PLACE埼玉格闘技道場:パンクラスタイトルマッチ経験もある総合選手)
梅原信行(和術慧舟會駿河道場:GT-Fに3年連続出場)
菅野隆行(リバーサルジム東京スタンドアウト:グラップリングトーナメントの常連で結果を残す)
伊達聡(Team DATE:インド王族武術カルーリカをバックボーンに持ちZST本戦出場の現役高校生)
中村龍之(DEEP OFFICIAL GYM IMPACT:DEEPを主戦場とする総合選手。昨年のGT-F準優勝)
宮川峻(リバーサルジム東京スタンドアウト:アマ修斗で結果を残す)
古賀靖隆(ロータス世田谷:パンクラスのネオブラッドトーナメント2012でスーパーフライ級優勝。昨年は総合で負けなし)
小岩丈人(ストライプル取手柔術アカデミー:柔術茶帯で、マスター&シニア世代で結果十分)
柏崎剛(K-PLACE埼玉格闘技道場:腕ひしぎ十字固めを得意にし、SWAT!フェザー級トーナメント優勝)
諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場:アマ修斗で戦う総合系選手)
猿田洋祐(リバーサルジム川口リディプス:飛猿☆NO.002のリングネームで活躍する総合選手、DEEP-Xリアルキングトーナメントも優勝)
嶋田裕太(Nexusense:柔術紫帯でブラジレイロ、アジアオープンを制す)
村田卓実(和術慧舟會東京道場:PANCRASEやZSTに参戦するグラップリングの雄)

優勝:嶋田裕太
準優勝:村田卓実


----------------------------------------------------------------------------------
■フェザー級
阪中勝大(ロータス世田谷:パンクラスを舞台に戦う総合選手)
白井悠貴(レナトゥス柔術アカデミー:GT-Fに連続参戦。ADCC予選も出場など、北陸のグラプッラー)
工藤修久(禅道会小金井道場:柔術黒帯。パンクラスのネオブラ優勝する総合選手でもある)
忽那弘靖(パラエストラ愛媛:四国からSWAT!のリングに幾度と無く参戦し、昨年一本勝ち量産のグラップラー)
西林浩平(リバーサルジム新宿 Me,We:柔術黒帯ながら、ADCCアジア予選ベスト4など道衣なしでも結果を残す寝技のスペシャリスト)
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー横浜:柔術黒帯。柔術では無差別級でも戦い、回転体ガードで猛攻をかわす技巧派)
檜山勇斗(パラエストラ川崎:ZST本戦にも出場の寝てよし、立ってよしの元スーパー高校生)
伊達和貴(Team DATE:時代劇殺陣まで学び様々な格闘術でアマ大会で実績を残す現在18歳の若手選手)
長谷川孝司(パンクラス稲垣組:パンクラスで~ROAD TO 植松直哉~でお馴染みのグラップラー)
川頭広卓(CARPE DIEM:取材して、自身もリングに上がる格闘技系ライター)
川村謙(リバーサルジム東京スタンドアウト:GT-Fに2年連続出場。ZST本戦でも戦う)
柴田貴稔(禅道会浜松道場:打つ投げる極める絞めるの禅道会の静岡代表)
水洗裕一郎(X-TREME柔術アカデミー横浜:柔術黒帯、国内外で数多の柔術、グラップリング大会で優勝を重ねる)
牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト:アイアム・イケメン”のキャッチフレーズでZST本戦で活躍する足関節のスペシャリスト)

優勝:牧野仁史
準優勝:水洗裕一郎


----------------------------------------------------------------------------------
■ライト級
太田裕之(OFC:2011、2013年優勝のミスターGT-F)
伊達一輝(Team DATE:アマチュア総合で実績を残す)
流極(パラエストラ東京:柔術をバックボーンに修斗、パンクラスで活躍)
高樹康煕(総合格闘技move:アマ選手として実績十分)
吾妻エメルソン(秋本道場JUNGLEJUNCTION:ZSTを主戦場にし、常に一本を狙うファイトスタイルで有名)
飯島重樹(ALLIANCE:プロ昇格を狙う総合系選手)
太田洋平(ブライトネス:第5回全日本グラップリング修斗ウェルター級優勝などプロシューター)
世羅智茂(GROUD CORE: 柔術界期待の茶帯選手。プロ柔術でも連勝)
寺本大輔(和術慧舟會横浜道場:2012 FILAグラップリングオープントーナメント70kg級優勝など実績十分の総合選手)
友實竜也(DEEP OFFICIAL GYM IMPACT:昨年プロ昇格し、DEEPを主戦場に活躍)
荒牧拓(パンクラス P‘s LAB 横浜:第一回のプロ・アマキャッチ優勝など、経験豊富なベテラン)
竹内稔(パラエストラ東京:プロ修斗ライト級で活躍するグラップラー)
後藤拓麿(草柔会仙台:柔術紫帯。GT-Fにも過去出場経験あり)
秋田智哉(総合格闘技move:SWAT!等で活躍)
戸井田カツヤ(和術慧舟會トイカツ道場:国内屈指のグラップラー、総合は昨年引退)
篠宮敏久(綱島柔術:柔術がバックボーンで、昨年ZST本戦出場を果たす)

優勝:太田裕之
準優勝:竹内稔