2015年9月12日土曜日

IBJJF「アジアオープン2015」1日目


IBJJF「アジアオープン2015」1日目終了しました。進行が少し遅れてしまい、体育館の都合もあり延長できず、最後は少々バタバタの気味の無差別、表彰台という印象に。
BJJPLUSのFacebookでは黒帯中心に速報させて頂きました。明日はアダルト茶帯をメインに速報できれば、と思っております。








IBJJF「アジアオープン2015」予定より少し過ぎた11:10から試合開始。8面マットで、現在は紫帯中心に行われています。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

アダルト紫帯フェザー級では今年の全日本王者の櫻井徹也選手(ドラゴンズデン)が二回戦でグァムの選手と対戦。力の強い相手にまさかの序盤に12ポイントの大量リードを奪われるも、終盤に粘り強く腕十字を狙いながらのパスなど猛追。しかし結果12-11で一步届かず敗退。未知の強豪がいきなり出てくる怖さ。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

IBJJFアジアオープン2015、現在は各マットで黒帯中心に行われています。ルースター級では茶帯世界王者・橋本選手が決勝へ。反対ブロックからは芝本選手。ライトフェザーでは先日のADCC日本代表になった平尾選手、山田選手、玉木選手らが勝ち上がっています。フェザーでは塚田vs岩崎戦は、岩崎がワンスイープで制す。ホベルト・サトシ選手は時任選手を爆発的なパスから送り襟絞めで勝利、
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

黒帯ライト級決勝はホベルト・サトシvsチョイ・ワン・チョイ。序盤から十字絞めを軸に、パス、サイド、マウントなど10点差以上をつけるも、一本はなかなか決めさせない。しかし最後は絞めで一本。圧倒的な強さで優勝。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

黒帯ルースター級決勝は芝本幸司vs橋本知之。茶帯世界王者になった橋本のガードが冴え、芝本もなかなかポイントを奪えない。互いにルーチを重ねてから芝本パスの圧力でアドバン2、橋本スイープ狙いでアドバン1。そして終盤に橋本がスイープで上に! ポイント上は橋本が一瞬リードも、すぐに芝本が奪い返し、そのまま試合終了。アドバン1差で芝本が4連覇を決めた。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

黒帯フェザー級決勝は岩崎正寛vsイザッキ・ヴァイパ。雪辱を狙う岩崎がテイクダウンで先制して固めるも、足の長さを活かしたイザッキが中盤バックから4字ロック。そこから絞めで一本。今年もアジアで圧倒的な強さを見せた。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

女子黒帯フェザー級ワンマッチ決勝で、マッケンジー・ダーンと湯浅麗歌子という世界王者同士の対決が日本で実現。試合は序盤拮抗も、やはり階級差もありマッケンジーがペースを奪い、マウントから十字絞めで一本。マッケンジーがアジア初制覇となった。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

黒帯ライトフェザー級決勝は加古選手を破った玉木強と、今年の全日本でも決勝に上がった宮地一裕に。引き込んだ宮地が玉木を崩れたところを狙い速攻のバック、そこから一気に送り襟絞めで、48秒で一本!宮地が極めの強さを見せた。師匠・草柳氏と一枚。
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月11日

IBJJF「アジアオープン2015」、予定終了時刻だった20:30ですが、まだまだ無差別級が全8マットでやっております!なかなか、どうして、終わりが見えたような見えないような!
Posted by BJJ PLUS on 2015年9月12日

2015年9月11日金曜日

チケット発売開始!プロ柔術GroundImpact


2015年10月11日北沢タウンホールで開催される『PROFESSILNAL JIU-JITSU GROUND IMPACT』のチケット発売が本日9月12日(土)より開始された!

2013年に新宿フェイスで行われた大会は全席SOULD OUT!B席に限っては即日完売、さらに追加席なども用意されたが、すべて完売!

まだ決定カードが発表されていないが、既に出場予定選手第1弾が発表済み。
しかし第1弾で既に柔術、グラップリング、総合などで活躍している選手がずらりと超豪華!ここから、さらに増えていくことが予想されるので、かなりの期待大!!

出場予定選手 / FIGHTERS
 Asada Toshio(Impact japan bjj)
 Yosuki Suto(Impact japan bjj)
 Charles Gaspar(Impact japan bjj)
 山田秀之(デラヒーバジャパン)
 鍵山士門(デラヒーバジャパン)
 岩崎正寛(CARPE DIEM)
 玉木強(CARPE DIEM)
 シュレック関根(ブルテリアボンサイ)
 岡本裕士(RJJ)
 新明祐介(トライフォース柔術アカデミー)
 富松恵美(パラエストラ松戸)
 大内敬(パレストラ小岩)
 加古拓渡(GSB)
 高谷聡(パラエストラ吉祥寺)
 山口芽生(クルービデ・ジウジツ/和術慧舟會GODS)
 渡辺直由(トライフォース柔術アカデミー)

チケット購入などの詳細は大会公式サイトにて

2015年10月11日北沢タウンホール







http://ifpro.base.ec/



2015年9月10日木曜日

桑原幸一:IBJJFルールセミナーレポート

いよいよ明日9月12~13日に掛けて開催されるIBJJF「アジアオープン2015」。大会前日にIBJJFレフリーディレクターのアルバロマンスー氏によるルールセミナーが行われました。アカデミーの代表を中心に、明日の審判、そして選手まで。最新ルールを知ることは、勝敗に直結しますからね。そんなルールセミナーの様子を、グラスコ柔術アカデミーの桑原幸一代表が書いてくださいました!

------------------------------------

桑原幸一:IBJJFルールセミナーレポート


日本ブラジリアン柔術連盟の理事を務めます、桑原がアジアオープンの前日に行われましたIBJJFルールセミナーの模様をお伝え致します。

今年は綾瀬の東京武道館で朝の10時から15時までの約5時間に渡り行われました。今年は私の記憶の中で過去に例を見ないほどのスムーズなペースで進みました。


今回の講師は毎回アジアオープンの際に来日してくださるIBJJFレフリーディレクターのアルバロマンスー氏、また通訳は日本ブラジリアン柔術連盟の理事を務める滝川直央先生が務められました。

 二人の呼吸はぴったりで聞き手としては非常に聞きやすかったですし、休憩中にも気さくに参加者の質問に答えてくれました。

初めて参加される方はとても疲れたと思いますが、ニーリーピングやストーリングなどの知識も得る事が出来、とても有意義なセミナーになったのではないでしょうか?

 今回も約60人近くの参加者があり、沢山の道場主や選手の皆さんが参加されたようです。

今セミナーにて、IBJJFルールが浸透し、柔術競技の充実が図れてくれれば嬉しい限りですね。



セミナー後は明日からのアジアオープンにレフリーとして参加する方々への心構えや諸注意を伝えていました。

アルバロ先生は細かくレフリー陣に気を配り、レフリーがやりやすい環境を提供してくれます。

レフリーの皆様は心置きなくレフリングを頑張って頂きたいですね!

講師を務めて下さったアルバロマンスール先生、通訳の滝川先生、受付などの仕事を担当してくれた新明さん、そして参加して下さった沢山の皆様、長い時間本当にお疲れ様でした!

以上

協力:グラスコ柔術アカデミー桑原幸一先生
http://www.grascobjj.com/

2015年9月9日水曜日

「アジアオープン選手権2015」タイムスケジュール発表&初日ニコ生配信決定!

9月12~13日の迫ったIBJJF主催「アジアオープン選手権2015」の大会スケジュールが発表されました。例年通りに初日にアダルト黒帯、二日目にマスター黒帯が行われるようです。


以下、クリックでIBJJFアジアオープンのタイムスケジュールに飛びます。

ASIAN 2015 – SCHEDULE


アジアオープン2015、初日のみニコ生配信決定!

さらに、同大会はニコ生配信決定! 全日本選手権でも行った試みでしたが、2000人を越える視聴があったことで今回も“初日のみ”ですが、アダルト黒帯中心に配信予定とのこと。また、中井会長が解説するとか! 世界柔術行きのチケットを賭けた熱い戦い、是非ご覧頂ければ。

詳細はJBJJF BLOGで発表されるとのこと。


2015年9月7日月曜日

【ASIA OPEN 】アジアの道は世界に通ず。4連覇を目指す芝本幸司

MMA PLANET様で、アジアオープンで黒帯ルースター級4連覇に挑む芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)のインタビューを書かせて頂きました。

記事中の“手間を惜しまなければ、20代、30代でも一緒です”について、芝本選手は「自分より年齢が上の中山徹さん、金古一朗さんが現役バリバリでやっていてので、お手本にさせて頂いた」とのことでした。

【ASIA OPEN 】アジアの道は世界に通ず。4連覇を目指す芝本幸司
http://mmaplanet.jp/50180