2014年3月15日土曜日

【DNGT01】女子アドバンスクラス・フェザー級レポート

3月9日開催『D-NET GRAPPLING TOURNAMENT 01』 から、本日は女子アドバンス・フェザー級トーナメントの試合レポートをお届けします。参加したのは以下3選手、全員が『DEEP JEWELS』経験者という強豪が揃いました。

・三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)
・ブリタニー・デッカ(和術慧舟會HEARTS)
・谷山尚未(和術慧舟會HEARTS)

アドバンスクラス・フェザー級 準決勝 
三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA) vs 谷山尚未(和術慧舟會HEARTS)
柔道をベースにした投げを得意にする三浦選手が、力強くパスを決めるなど試合を支配。 谷山選手の粘りも光っていましたが、軍配は三浦選手に。

アドバンスクラス・フェザー級 決勝 
三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)vsブリタニー・デッカー(和術慧舟會HEARTS)
 柔道の三浦、レスリングのブリタニーの戦いで、 立ち技はほぼ互角。しびれを切らしたブリタニー選手が引き込みますが、共に攻めきれず。
そして試合終盤、再度立ち勝負からブリタニー選手が足を小外刈のように刈ろうとした瞬間、三浦選手が待ってましたとばかりに払い腰! 試合時間残り5秒で、遂にポイント2-0に! そしてこのまま試合終了。23歳、三浦選手が優勝を果たしました。
 

アドバンス・フェザー級決勝
○三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)
ポイント2-0
ブリタニー・デッカー(和術慧舟會HEARTS)

■D-NET公式HP
http://www.dnetjapan.com/

写真:kaori sugawara

2014年3月14日金曜日

最終締め切り日!『第8回全日本マスターズ選手権大会』

本日3月14日は、3月23日大田区総合体育館で行われる『第8回全日本マスターズ選手権大会』『第7回関東柔術オープントーナメント』の最終締め切り日です。マスターズだけで現段階で約200名がエントリー中、関東柔術トーナメントを合わせれば、かなり規模の大きな大会になります。黒帯もマスター4まで、白帯は55歳以上のマスター6までエントリー中。迷っているOVER30柔術家は、この最終締め切りに滑り込み申し込みをしてみては!?

【第8回全日本マスターズ選手権大会 現金書留・銀行振込・クレジットカードによるお支払い】
3月11日~3月14日迄 JBJJF会員:8000円
締切:3月14日 11:59PM

【第7回関東柔術オープントーナメント 現金書留・銀行振込・クレジットカードによるお支払い】
3月11日~3月14日迄 JBJJF会員:6000円  一般(白帯のみ):7000円
詳しくはJBJJF公式HPを御覧ください!




■以下エントリーリスト

2014年3月13日木曜日

【DNGT01】エキスパート・ミドル級・岡澤弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム)vs神田崇広(GRABAKA)

プロ・アマ含む118選手が参加した3月9日開催『D-NET GRAPPLING TOURNAMENT 01』 から、今回はエキスパート・ミドル級(-79.5kg)決勝の試合レポートをお届けします。

エキスパート ミドル級(-79.5kg)決勝 
岡澤弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム) vs神田崇広(GRABAKA)
岡澤選手は柔術出身で、現在はパンクラスで活躍するプロMMA選手。対する神田選手は柔術茶帯も、JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)が主催する第1回全日本NO-GI選手権大会で優勝するなど、グラップリングでも実績を残している。過去に柔術で対戦経験があり、その時は岡澤選手が勝利。試合前から神田選手はリベンジを誓っていたが--。

立ちの探りあいから、神田選手は引き込みを選択し、柔軟がガードで相手の攻めを受け流し、速攻の鉄砲返しでポイント2の先制。

 しかし、神田選手が上から若干攻めあぐねている隙を狙い、岡澤選手が草刈りで上になりポイント2-2のイーブンに。


 両者立ち上がり、神田選手がタックルを狙うも、岡澤選手がかぶる。神田選手が引き込むも、そこに飛びつくように岡澤選手がマウントを狙う! これを回転して神田選手は逃れるも、岡澤選手が腕十字に!! 

神田選手は十字をつぶして、サイドポジションを取りかけたが、惜しくも時間切れでポイントにならず。際の攻防が多く、レフリーも迷うほどの戦いは、ポイント2-2、腕十字を仕掛けたアグレッシブさで判断されたのか岡澤選手に軍配が上がりました。

エキスパート・ミドル級(-79.5kg)決勝
○岡澤弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム)
ポイント2-2 ※レフェリー判定
●神田崇広(GRABAKA)

■D-NET公式HP
http://www.dnetjapan.com/

写真:kaori sugawara

絶賛開催中『パン柔術選手権2014』視聴方法など

3月16日まで開催中のIBJJF主催『パン柔術選手権2014』(PAN JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2014)。明日からは紫帯が開始! 茶帯は14日、黒帯は15日と続きますが、前回もお伝えしたとおりIBJJFの公式チャンネルでは有料ライブ配信を行っております! 

【各日により料金&スケジュール】
・SAT/SUN: $24.95March 15-16 + Replay (黒帯マスターズ、黒帯アダルト、茶帯アダルト、茶帯マスターズなどのオープンクラス)
・SATURDAY :$10.95March 15 (紫帯マスターズ、茶帯アダルト、茶帯マスターズ、黒帯マスターズ、黒帯アダルト)
・FRIDAY :$10.95March 14 (紫アダルト、青帯マスターズ、紫帯マスターズ))
・THURSDAY :$10.95March 13 (青帯アダルト男女、紫帯アダルト、青帯マスターズ)
・WEDNESDAY :$10.95March 12 (白帯アダルト、白帯マスターズ、青帯アダルト)

大体の試合が日本時間の早朝(朝4~5時開始)というスケジュールなので、正直ちょっと見れない柔術家が多いかもしれません! タイミングよく見れそう、という方もいると思いますので、IBJJFが発表する公式マット進行表のリンクを貼っておきます。↓

http://events.ibjjf.com/sportos/application/orderfight/index.php?idevent=164&dayofevent=2

視聴には会員登録、クレジットカード登録が必要で、少々面倒ですが、参考までに。

■IBJJF TV
https://www.ibjjftv.com/




以下、黒帯注目選手をピックアップ。
■アダルト男子黒帯ルースター級
Alliance Los Angeles Fabbio Passos de Alencar
Brasa Felipe P. da Costa e Silva
Caio Terra Association Brasil Thiago Dias D. Narciso
Check Mat Brasil Ivaniel Cavalcante de Oliveira
Check Mat Brasil João Pedro Oliveira Rodrigues
Dragon's Den Makoto Sawada
GF Team Washington Luis do M. Lima
Tokushima BJJ Takahito Yoshioka
Tri-Force Jiu-Jitsu Academy Koji Shibamoto
Vicente Junior BJJ David B. Zennario
※芝本選手が登場。一昨年の同大会で苦杯を舐めた、フェリペ・コスタ選手にリベンジなるか。澤田選手も粘り強さも期待したいです。

■アダルト男子黒帯ライトフェザー級
Alliance NYC John Nam H Cho
Brasa Caio Terra Vitor Peres Paschoal
G13 BJJ Fernando Spessoto
Gracie Barra New Mexico Rafael Freitas
PSLPB Cicero Costha João Ricardo Bordignon Miyao
PSLPB Cicero Costha Paulo Henrique Bordignon Miyao
Rigan Machado Nobuo Yagai
Werdum Combat Team USA Gustavo Severo Gasperin
※ミヤオ兄弟に、〝バラトプラタ〟のハファエル・フレイタスも! ミヤオ兄弟の表彰台を防げるのか、超注目階級です。

■アダルト男子黒帯フェザー級
Academia Saikoo Isaque Alberto de Oliveira Paiva
Alliance Marcelo Garcia Gianni Paul Grippo
Association Aranha Sergio Calderon Gonzalez
Barbosa JJ e MMA Edson Francisco de Oliveira
Brasa Caio Terra Osvaldo Augusto Honorio Moizinho
Calasans BJJ David Juliano Lemes
CheckMat Mayko de Araujo Girotto Borges
Gracie Barra Rodrigo Augusto Silveira Rolim
Gracie Kauai - Longam Jiu-Jitsu Luke Garth Hacker
Lovato Jiu-Jitsu Justin S. Rader
Lovato Jiu-Jitsu Zachary James Adamson
Rigan Machado Ben Lowry
Rilion Gracie Jiu-Jitsu Academy Rafael Panato da Luz
Ryan Gracie Team Nicollas Welker Amorim Araujo
Solis Martial Arts Academy Spenser Anthonin Gilliam
TAC Team BJJ Bryan Douglas Tidwell
Vicente Jr. Team Kail Bosque
Zenith BJJ Aaron Joseph Buck
※新世代黒帯グリッポが、モイジーニョ、ジャスティン・レーダーなど実績十分の選手に挑む。

■アダルト男子黒帯ライト級
Alliance Gabriel Rodrigues A. Goulart
Alliance Atlanta Lucas Alves Lepri
Alliance Ecuador Francisco Antonio Iturralde Lara
Alliance SP Michael Alexandre Langhi
Atos Jiu-Jitsu Jonathan Torres
Atos JJ Rio Claro Rodrigo Benedito Caporal
Check Mat Brasil Thiago Aragão de Abreu
CheckMat USA Yukito Robert Isoda
Coalition 95 Nathan Albrecht Mendelsohn
Coalition 95 Ramiro Camacho
Elite Mixed Martial Arts Julian Vega
Fight Sports Marcel Goulart Cubel Gonçalves
G13 BJJ Edivaldo Ferreira Lana
Gordo Jiu-Jitsu Rafael Henrique Pereira
Gracie Barra AJ Agazarm
Gracie Barra Rodrigo Lamounier de Freitas
Gracie Barra Saddleback Philipe Cançado Della Monica
Maxercise Phila Fletcher Stephen Linton Jr.
Pellegrino Mixed Martial Arts Steven R Barnett
Relson Gracie Nicholas Anthony Maez
Renzo Gracie Academy Rafael Barbosa Carvalho da Costa
Ryan Gracie Team Caio Almeida Silva
Team Redzovic Bricklin J. Welch
※最多23名エントリーの階級には、日本でもお馴染みのレプリ、ランギ、JTまで登場! ベテラン柔術家にはたまらん階級です。

■アダルト男子黒帯ミドルト級
Alliance Atlanta Rafael Rosendo dos Santos
Alliance Ecuador Leonardo I. Iturralde Aguirre
Alliance Los Angeles Tanner Wade Rice
Atos Jiu-Jitsu Jordon Wallace Schultz
Atos JJ International Thiago de Godoi Braga
Atos JJ USA Carlos Diego Ferreira Neves
Brasa/99 Sergio Raimundo Rios da Silva
CheckMat Marcelo França Mafra
Clark Gracie Team International Clark Gracie
Frontline Academy Nic Ruben Nikolaisen
GF Team Luiz Eduardo Rosa Júnior
GF Team Vitor Henrique Silva Oliveira
GF Team France Victor Silverio Santos
Gracie Barra Otavio Ferreira de Sousa
Gracie Barra Arcadia Lucas Rocha de Freitas
Gracie Barra Nottingham Victor de Oliveira Estima
Gracie Barra PE Charles Negromonte Santos
Nova União Hawai Christopher R. Atkins
PSLPB Cicero Costha Leandro Lo Pereira do Nascimento
Ralph Gracie Julian Martin Marquez
Ribeiro Jiu-Jitsu Matthew Kevin Jubera
Team Lloyd Irvin De'Alonzio Jerome Jackson
UAE Jiu-jitsu Team Samuel Hertzog Canquerino
※クラークグレイシーにオタービオ、表彰台常連のエスティマまで。本命はオタービオ?

■アダルト男子黒帯ミディアムヘビー級
Alliance SP Rafael Figueiredo Macedo Fraga
Atos Jiu-Jitsu Andre Luiz Leite Galvão
Atos Jiu-Jitsu Vitor Fabio Martins Toledo
Atos JJ USA Antonio Antonioli
Atos JJ USA Keenan Kai-James Cornelius
Barbosa Jiu Jitsu Joao Marcelo Marchis Chiozzi
Barbosa Jiu Jitsu Murilo Silva Ferreira de Santana
CheckMat International Renato Guimaraes Cardoso
Elite Mixed Martial Arts Robert Jon Yamashita
G13 BJJ Jurandir Vieira da Conceição
Gracie Barra Belo Horizonte-MG Felipe Carsalade Araujo Pena
Gracie Barra Curitiba Rodrigo Fajardo
Gracie Barra Santa Clarita Valley Bruno Augusto Togni Antunes
Impacto Japan B.J.J. Sadayoshi Roberto Mota Kurimori
Nova União Hawai William Neal Zumbro II
Ralph Gracie Diego da Silveira Herzog
Zenith BJJ Morris Humberto Ayala
※アンドレ・ガヴァオン、キーナン・コーネリアスというド本命がいる中で、日本からのサドヨシ・クリモリ選手がどこまで食い込めるか。

■アダルト男子黒帯ヘビー級
Alliance SP Fabiano Junior Leite de Souza
Alliance SP Felipe Menezes Bueno
Barbosa Jiu Jitsu Arnaldo Maidana de Oliveira
BJJ Revolution Team John Robert Jordan Jr
Caio Terra Association Brasil Yuri Costa Simões M. da Silva
Ceconi Team Alexandro Ceconi de Souza
CheckMat Jackson Sousa dos Santos
CheckMat Paulo Tarcisio Pessoa Jardim
CheckMat USA Bernardo T. de Siqueira Filho
Competition Guilherme Domingos dos Santos
Gracie Barra New Mexico Roberto Camargo de Alencar
Ribeiro Jiu-Jitsu Benjamin Ross Baxter
Ribeiro Jiu-Jitsu Rafael Lovato Jr.
Yemaso Brazilian Jiu Jitsu Eliot Andrew Kelly

■アダルト男子黒帯スーパーヘビー級
Academia Eduardo Santoro Thiago Delecavo Oste Salim
Alliance JJ Karim Mohamed Ait Khalifa
Alliance NYC Bernardo Augusto Rocha de Faria
Barbosa Jiu Jitsu Luiz Fernando de Azevedo Panza
Gracie Barra Joinville André Alberto W. Campos
Ribeiro Jiu-Jitsu James Richard Puopolo
Ryan Gracie Team Roger Luiz Pereira Ambrosi
SAS Team USA Guybson Costa e Sá
Team Royce Gracie Ronald W Wuest Jr.


以下、日本人参加選手
Axis Jiu-Jitsu Japan
BLUE / Adult / Male / Light Feather Takafumi Sano

Carpe Diem
BROWN / Adult / Male / Light Feather Tsuyoshi Tamaki
BROWN / Adult / Male / Feather Akihiko Sato

Dragon's Den
PURPLE / Adult / Male / Feather Tetsuya Sakurai
BLACK / Adult / Male / Rooster Makoto Sawada

Grabaka Jiu Jitsu Club
BROWN / Adult / Male / Feather Hiroaki Otsuka

Gracie Barra Japan
BLUE / Adult / Male / Middle Atsuro Sadanda
PURPLE / Adult / Male / Light Masastaka Ichihashi

Impacto Japan B.J.J.
BLACK / Adult / Male / Medium Heavy Sadayoshi Roberto Mota Kurimori

Ogawa Jiu Jitsu
WHITE / Juvenile 2 / Male / Light Yuto Nishimura
BLACK / Master 1 / Male / Medium Heavy Wandson Nishimura Bailao
BLACK / Master 1 / Female / Medium Heavy Saiki Vanessa Tiemi
BLACK / Master 2 / Male / Feather Alexandre Ogawa

Paraestra Shibuya
BLUE / Adult / Male / Light Feather Daiju Yokoyama
BLUE / Adult / Male / Feather Takeji Yokoyama
PURPLE / Master 3 / Male / Middle Kazutada Yokoyama

Tri-Force Jiu-Jitsu Academy
PURPLE / Adult / Male / Rooster Nobuhiro Sawada
BLACK / Adult / Male / Rooster Koji Shibamoto

Wajutsu Keisyukai Hearts
BLUE / Master 1 / Male / Light TSUNAYOSHI SHOMURA

X-Treme Jiu-Jitsu Academy
BLACK / Master 4 / Male / Light Masashi Takeuchi

2014年3月12日水曜日

マスター1黒帯が激アツ!JBJJF『第8回全日本マスターズ選手権大会』2次締切後のエントリーリスト発表!

3月23日大田区総合体育館で行われる『第8回全日本マスターズ選手権大会』『第7回関東柔術オープントーナメント』の2次締め切りを終え、現段階でのエントリーが発表されました!! 


マスターズは14日の最終締め切りを前にして、現段階で約200名がエントリー中。さすがOVER30の日本一を決める大会です。特にマスター1黒帯の面々がスゴい! 
マスター1黒帯オープンクラス (5名)
・中村大輔 (GRABAKA柔術クラブ)
・Rogerio Yoski Suto(IMPACTO JAPAN B.J.J)
・白木大輔 (SAD)
・上村彰(パラエストラ東京)
・山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)

中村VSアマゾンという完全お金取れちゃいそうなドリームマッチは実現するのか? ヨースキ、上村、山田選手が止めるか、はたまた14日までに新しい強豪選手が名乗りを上げるか? 出来れば、ココに多数の黒帯選手が参加してお祭り状態になったら……観客としては面白いですね。

黒帯はマスター4までいる状態です。14日の最終締め切りを前に、それぞれカテゴリーは移動するのか、新選手が来るのか、注目です。白帯では55歳以上の“マスター6”までエントリー中。是非、皆さんに参加して欲しい大会ですね。

【第8回全日本マスターズ選手権大会 現金書留・銀行振込・クレジットカードによるお支払い】
3月11日~3月14日迄 JBJJF会員:8000円
締切:3月14日 11:59PM

【第7回関東柔術オープントーナメント 現金書留・銀行振込・クレジットカードによるお支払い】
3月11日~3月14日迄 JBJJF会員:6000円  一般(白帯のみ):7000円
詳しくはJBJJF公式HPを御覧ください!




2014年3月11日火曜日

金古一朗の勝手に教則レビュー!第3回【ルーカス・レプリ/Championship Guard Passing】

JBJJF「全日本選手権」黒帯連覇中、ワールド・マスターズでも準優勝に輝く日本屈指のテクニシャン金古一朗選手(ポゴナ・クラブジム)。テクニックDVDマニアである金古選手の教則レビュー第3回目です! 今回は2007年ムンジアル黒帯レーヴィ級王者ルーカス・レプリの『 Championship Guard Passing』です。DVD名通りに全編パスガード! レプリ自身が実際に大会で使用しているデラヒーバガード、リバースデラヒーバ、ベリンボーロ、Xガード、スパイダーガードに対する“パス”の方法を伝授! さぁ、金古選手はどういう感想を持ったのでしょうか?
ルーカス・レプリ『 Championship Guard Passing』
メーカー:Digitsu 枚数:2枚組 収録時間:180分

2007世界王者、ルーカス・レプリによる2枚組教則です。内容はオールパスガードです。フックガード、クロスガード、デラヒーバガード、スパイダーガード、ハーフガード、スパイラルガード、Xガードに対してのベーシックかつ実践的なパスガードが多数収録されています。中でも充実した内容となっているのがデラヒーバガードに対するパスガード。

襟を持たれた場合、足を抱えられた場合、袖を持たれた場合、そしてベリンボロ……。様々なデラヒーバに対する実践的なバリエーションは必見です。

ハーフガードに対するパスガードも秀逸です。脇を差されてしまった時にラペラを引き出して差し返すテクニックは素晴らしいの一言。

またあまり他の教則物で扱ってないXガードへのパスガードも3種類紹介されているのも嬉しい所。なかなか簡単には外れないXガードへのパスガードですが僕自身もこれを見ることでかなり解除出来るようになりました。

レプリ自身ライト級ということもあり、全体的にどっしりとベースをとってのパスガードという印象です。軽量級の方がそのまま使うには少しやり辛い技も中にはありますが全体的にはシンプルで使いやすい技が多く非常にお勧めです。

金古選手の★評価
★★★★☆
)

------------------------------------------------------------------
と、金古選手は今回かなり高評価 のようでした。そんな金古選手ですが、遂にテクニックDVDを販売します!タイトルは『金古一朗 EXTREME SPIDER GUARD』。文字通り金古選手の代名詞といえるスパイダーガードが中心のDVDとなっています。柔術家ならば一度は憧れる“スパイダー”を、柔術初心者にもわかりやすく、そして色帯などの玄人でも満足できる素晴らしい仕上がりになっているとのこと!
)

現在絶賛予約受け付け中!詳細は以下まで!

柔術新聞ショップ http://jiuji.thebase.in/items/409857
フルフォース・プロダクションwebショップ http://shop.fullforce-pro.com/?pid=72153110


2014年3月10日月曜日

『『第8回全日本マスターズ選手権大会』&『第7回関東柔術オープントーナメント』&『COPA Las Conchas 2014』、本日2次締め切り日!

『第8回全日本マスターズ選手権大会』本日2次締め切り日!

本日3月10日は3月23日大田区総合体育館で行われる『第8回全日本マスターズ選手権大会』、『第7回関東柔術オープントーナメント』の2次締め切り日です。10日までの申し込みでマスターズはJBJJF会員:7000円、関東柔術オープントーナメントはJBJJF会員:5000円、一般(白帯のみ):6000円です。マスターズは文字通り、Over30の日本一を決める大会であり、毎年日本全国から400~500人程度参加する規模の大きな大会です。既に全日本選手権王者の白木大輔選手(SAD)、中村大輔選手(GRABAKA柔術クラブ)など超大物も続々参戦に名乗りをあげています。

【第8回全日本マスターズ選手権大会 現金書留・銀行振込・クレジットカードによるお支払い】
2月11日~3月10日迄 JBJJF会員:7000円
3月11日~3月14日迄 JBJJF会員:8000円
締切:3月14日 11:59PM

【第7回関東柔術オープントーナメント 現金書留・銀行振込・クレジットカードによるお支払い】
2月11日~3月10日迄 JBJJF会員:5000円  一般(白帯のみ):6000円
3月11日~3月14日迄 JBJJF会員:6000円  一般(白帯のみ):7000円

『COPA Las Conchas 2014』も2次締め切り日!

C_02las
また、マスターズの翌週3月30日(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催される『COPA Las Conchas 2014』の第二次締め切り日でもあります。本日中に申しこめば階級別のみ4000円(アブソ出場は+1000円)です。

『COPA Las Conchas 2014』
主催:Las Conchas、㈱ミューズエンタープライズ
協賛:BULL TERRIER / FULL FORCE / DUMAU / SCRAMBLE / KEDYSON
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
日時:3/30(日)
出場費:
第二次締め切り:3/10 4000円
最終締め切り:3/20 5000円
無差別級追加エントリー +1000円(Absoluto +1000yen)
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

申し込み(Registration)方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com


2014年3月9日日曜日

『D-NET GRAPPLING TOURNAMENT 01』公式結果&会見

3月9日(日)東京大森のゴールドジムサウス東京アネックスで行なわれたD-NET主催「D-NET GRAPPLING TOURNAMENT 01」 。大会前にはD-NET元DEEPミドル&ウェルター級王者の長南亮(TRIBE TOKYO M.M.A)、元修斗世界フェザー級王者・勝村周一朗(リバーサルジム横浜グランドスラム)、大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS代表)ら主要メンバーによる記者会見も行なわれ、次回大会は5月25日に総合や打撃中心の予定の『TTFチャレンジ新宿FACE大会』、グラップリング大会は7月6日にBRAVE三郷で行うとの発表がありました。


 大会は30以上の加盟ジムから、プロ・アマ含めて総勢118名の選手が参加。特に膝立ち開始のプレビギナー、立ち開始のビギナーの盛り上がりが凄まじく、指導者や応援団が声枯らすほどの応援していたのが繰り広げていたのが印象的でした。アドバンスクラス、エキスパートクラスは弊サイトで後日レポートします。まずは大会結果からお伝えします。

【D-NET GRAPPLING TOURNAMENT 01公式結果】
『エキスパートクラス』
■フェザー級
優 勝:大越 崇弘(TRIBE TOKYO MMA)
準優勝:保坂 健(トイカツ道場)

■ライト級
優 勝:橋本 祐介(SUBMIT MMA)
準優勝:富山 浩宇(P’sLAB 横浜)

■ミドル級
優 勝:岡澤 弘太(グランドスラム)

『アドバンス』
■ルースター級
優 勝:尾崎 顕(スタンドアウト)

■ライトフェザー級
優 勝:梅原 信行(駿河道場)
準優勝:上田 直毅(パラエストラ東京)

■フェザー級
優 勝:安藤 達也(TRIBE TOKYO MMA)
準優勝:瀧澤 謙太(スタンドアウト)
3 位:星野 豊(SAI-GYM)
3 位:若林 康浩(SAI-GYM)

■ライト級
優 勝:三苫 亮人(パラエストラ八王子)
準優勝:幕 大輔(パラエストラ八王子)
3 位:山後 勝英(HEARTS)
3 位:芝井 淳司(TRIBE TOKYO MMA)

■ミドル級
優 勝:柴田 和信(WIZARD MMA GYM)
準優勝:島田 義之(BRAVE)

■ミディアムヘビー級
優 勝:谷部 翔太郎(NATURAL9)

■ウルトラヘビー級
優 勝:仁平 正洋(TRIBE TOKYO MMA)

『ビギナー』
■ルースター級
優 勝:遠藤 勇樹(HEARTS)
準優勝:榎木 孝喜(CHANGE)

■ライトフェザー級
優 勝:山本 哲也(駿河道場)
準優勝:横田 和真(パラエストラ八王子)
3 位:上中 丈弥(TRIBE TOKYO MMA)
3 位:望月 卓弥(SUBMIT MMA)

■フェザー級
優 勝:曳地 正太(トイカツ道場)
準優勝:永田 鉄舟(TRIBE TOKYO MMA)
3 位:吉田 基洋(TRIBE TOKYO MMA)

■ライト級
優 勝:猪野 剛司(P'S LAB横浜)
準優勝:柴田 裕亮(TRIBE TOKYO MMA)
3 位:五木田 義一(WIZARD MMA GYM)
3 位:李 昆陽(スタンドアウト)

■ミドル級
優 勝:竹内 太郎(SONIC SQUAD)
準優勝:柴崎 大輔(スタンドアウト)
3 位:太田 友広(所プラス)
3 位:平野 龍太郎(パラエストラ東京)

『プレビギナー』
■ライトフェザー級
優 勝:田代 紘一(TRIBE TOKYO MMA)

■フェザー級
優 勝:市川 敬三(NATURAL9)
準優勝:千葉 高樹(MEWE)

■ライト級
優 勝:松本 耕一郎(NATURAL9)
準優勝:佐々木 玄洋(TRIBE TOKYO MMA)

■ミドル級
優 勝:酒寄 貴旗(WIZARD MMA GYM)

『女子アドバンス』
■フェザー級
優 勝:三浦 彩佳(TRIBE TOKYO MMA)

『女子ビギナー』
■フェザー級
優 勝:山口 さゆり(HEARTS)

■D-NET公式HP
http://www.dnetjapan.com/