2014年10月25日土曜日

九州が熱い!10月19日JBJJF『第8回九州柔術選手権』レポート

 10月19日に開催されたJBJJF『第8回九州柔術選手権』は、昨年の九州事務局設立、BOHEMIANSやTATORUなど新生ジムが誕生するなどが影響し、今回は延べ人数130名近くが参加!! 九州柔術が盛り上がっているのが伝わってきます。

団体優勝は20名参加のパラエストラ北九州、2位に新規ジムTATORUが入る!!

 団体成績は20名の大所帯で挑み、色帯勢が結果を残したパラエストラ北九州が優勝。これで昨年の同大会に続き、団体ニ連覇達成しています。また、2位には今年5月終わりに誕生したばかりの高亀洋介代表率いる『TATORU』に。白帯選手が数多く参加し、マスター世代が優勝したのがこの大躍進に繋がりました。

女子も好試合連発!木田七紗選手が階級・無差別の2冠達成

  女子の色帯試合も実現、特に青帯ではパラエストラ北九州所属の木田七紗選手が、柔道家らしい抜群の立ち技、そして上になって即座の華麗な十字で一本勝ち量産し階級別・無差別の2冠達成。まだ現役女子高生というから、将来が非常に楽しみな女性柔術家である。

唯一の茶帯マッチでは、デビュー戦の中村雄太選手が勝利!

茶帯では階級別は実現せず。オープンクラスはワンマッチ決勝になり、茶帯デビュー戦の中村雄太選手(パラエストラ北九州)が岩切克憲選手(パラエストラ博多)と対戦。体重差30kg以上ある中村選手が一瞬でパス、横四方固めから変形サイドチョークで絞め落とし一本! 見事茶帯初陣で優勝を決めた。

■大会写真は日本ブラジリアン柔術連盟 九州事務局のFacebookページにアップされているので、ご確認を!
https://www.facebook.com/JBJJF.kyusyu

2014年10月24日金曜日

井上祐弥『World Master IBJJF Jiu-Jitsu Championship』挑戦記・準備編

今回からパラエストラ上越所属の柔術黒帯・井上祐弥選手による『World Master IBJJF Jiu-Jitsu Championship』挑戦記を、数回に別けて井上選手自身のレポートでお届けします。第一回は“準備編”として、井上選手の柔術愛、マスターズに賭ける思いが伝わる、素晴らしい記事になっています。是非皆さんご覧ください!


井上祐弥『World Master IBJJF Jiu-Jitsu Championship』挑戦記・準備編

BJJ PLUSをご覧の皆さん、初めまして。
パラエストラ上越所属の井上祐弥と申します。
昨年12月8日に行われたIF-PROJECT主催『COPA IF-PROJECT2013』において、
マスター1茶帯ライトフェザー級、無差別級を優勝し、
副賞として“2014ワールドマスターズ参加のための航空券”を頂き今年参戦させて頂くことになりました。

大会を終えた数日後、長野県にある『飛翔塾』(小林元和代表)さんで朝練習が終え、仲間らとまったしていたところ……練習仲間から「航空券当たってる!」の知らせで気づかされました。

動揺して腕組みながら道場内をグルグル回っていたのを覚えています。

その頃自分は故郷の佐渡に帰ることを決意していました。

新潟県の佐渡は離島であり、高齢化の進んだ島です。
人口は6万人いますが、高齢化率は日本の上位にあります。

練習環境も変わるので、柔術はセミリタイア状態になることは間違いなさそうだと考えていました。

予定していた生活と柔術のウエイトの配分が狂ったからです。

しかし、競技者として誰もがもらえるチャンスではない。このチャンスは願ったり叶ったりでした。
いつも無理言っている家族にも、遠征を納得させられる理由になる。

目標とチャンスをもらったので俄然練習に励みました。

上越~長野~東京
無理を言って、様々な柔術道場・アカデミーに出稽古も受け入れてもらいました。

暇さえあれば練習
Eight Days a Week/The beatles です。
「週8日練習しています」よく言っていました。

今年3月には「柔術ラボ@上越」という、自分主催のセミナー&練習会を開かせてもらい、関東からも来場者があるなど約60名の参加者があり、盛況に終えることができました。

佐渡に帰郷する前日3月22日、パラエストラ上越代表の梨本洋平先生推薦、パラエストラ総代表・中井祐樹先生承認によりブラジリアン柔術黒帯を授与されました。

柔術歴の2/3、6年巻いていた茶帯をこの日、卒業しました。

自分が想像していた柔術黒帯になっているのか。まだ不安もありますが、
ホベルト・サトシ選手がインタビューでよく連呼している「信じる」シンプルな言葉で潰していきたいと思います。

佐渡に帰郷してからは、総合格闘家・本間聡先生の本間道場で練習させてもらっています。
ヘビー級ファイターが多く練習の中で日に日にフィジカルに自信がついてきました。

■本間道場
http://honmadojo.nobody.jp/renshu.html

また、本間先生に許可をもらって、「佐渡ブラジリアン柔術クラブ」という柔術サークルを設立、柔術を草の根から広めるべく活動を開始しました。

5月にはヘイゾン・グレイシーカップに出場し、黒帯デビュー。
国内最強の岡本裕士選手に胸を貸していただきました。

新潟・佐渡からの関東への試合出場は日程的に難しさがあります。
試合にガンガン出て調整するというような真似は到底できません。
それでも、思いつく中でやれることはやってきました。

昨年12月から目標にしていたワールドマスターズがいよいよ迫ってきました。
自分の柔術を信じてマットに立つ。それだけです。


2014年10月23日木曜日

『World Master IBJJF Jiu-Jitsu Championship』エントリーリスト確定、中村大輔、増沢マックス慶介、早川光由も出場!

11月1日、2日にカリフォルニアロングビーチで開催されるOver30の世界一決定戦IBJJF主催『World Master IBJJF Jiu-Jitsu Championship』。最終応募締め切りを終えて、エントリーリストが確定しています。
■アカデミー毎のエントリーリスト
http://static.ibjjfdb.com/Campeonato/000318/en-US/RegistrationsByAcademy.pdf

■階級毎のエントリーリスト
http://static.ibjjfdb.com/Campeonato/000318/en-US/RegistrationsByCategoryAndAcademy.pdf

お伝えしている通り、“忘れ物を取りに行く”の昨年誤審で2位の金古一朗選手(ポゴナ・クラブジム)、“アダルトで世界一、マスターでも世界一”を狙う八木沼志保選手(ネクサセンス)が出撃。

さらにエントリーリストを眺めていたら……
“全日本柔術3連覇”中村大輔選手(GRABAKA柔術クラブ)
“グレイシーアカデミー出身”増沢マックス慶介

さらにさらに……



えっ!?




ええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!? トライフォース総帥・早川光由先生も出場!!

出ます!出ます!

11月上旬に早川先生は柔術教則本も出ます。(詳細は後日お伝えします)。マスター世界一の肩書きをプロフィールに加えれるか、超注目です!


藤田柔術
BLUE / Master 4 / Female / Feather Kyoko Toro

福住柔術
PURPLE / Master 1 / Male / Feather Shimry Yoshida
BLACK / Master 1 / Male / Rooster Fumiaki Kobayashi
BLACK / Master 3 / Male / Feather Shinsuke Fukuzumi

GRABAKA柔術クラブ
BLACK / Master 1 / Male / Feather Daisuke Nakamura

Gracie Barra Japan
BROWN / Master 2 / Male / Feather Jun Goto

IMPACT JAPAN BJJ
PURPLE / Master 1 / Male / Light Rodrigo de Souza
BLACK / Master 1 / Male / Light Rogerio Yoski Suto
BLACK / Master 2 / Male / Light Feather Carlos Kazuo Kihara

Max Jiu Jitsu Academy & Yoga Studio
BLACK / Master 3 / Male / Light Keisuke Masuzawa

ネクサセンス
BLACK / Master 2 / Female / Light Feather Shiho Yaginuma

小川柔術
PURPLE / Master 1 / Male / Light Feather Hoki Takasu
BLACK / Master 2 / Male / Feather Alexandre Ogawa

Over Limit BJJ
BLUE / Master 1 / Male / Middle Eduardo Kawashaki
BLUE / Master 2 / Male / Light Feather Marcelo Henrique Iwamoto
BLACK / Master 1 / Male / Middle Leandro de Souza Kussano
BLACK / Master 3 / Male / Light Feather Edison Kagohara
BLACK / Master 3 / Male / Feather Emerson Azuma

パラエストラ上越
BROWN / Master 2 / Male / Feather Eiichi Kurata
BLACK / Master 1 / Male / Light Feather Yuya Inoue

パラエストラ小岩
BROWN / Master 2 / Male / Feather Shigeyoshi Horikomi
BLACK / Master 3 / Male / Light Takashi Ouchi


ポゴナ・クラブジム
BLACK / Master 2 / Male / Light Feather Ichiro Kaneko

ストライプルオハナ
BLUE / Master 1 / Male / Heavy Yuki Sayama
PURPLE / Master 2 / Male / Light Daisuke Sugano
PURPLE / Master 2 / Male / Light Yuichi Tojima
BLACK / Master 3 / Male / Light Feather Shoji Masada

トライフォース五反田
BROWN / Master 5 / Male / Middle Hideyuki Ohnaka

トライフォース柔術アカデミー
BLACK / Master 2 / Male / Feather Mitsuyoshi Hayakawa
BLACK / Master 3 / Male / Middle Naoya Ueyama

トライデントジム
BROWN / Master 3 / Male / Light Osamu Mori

和術慧舟會Hearts
BLUE / Master 1 / Female / Light Feather Haruka Kojima
PURPLE / Master 1 / Male / Super Heavy taro murakami
PURPLE / Master 3 / Male / Feather KOJI IWASAKI

X-Treme Jiu-Jitsu Academy
BROWN / Master 1 / Male / Rooster Toru Nakao
BROWN / Master 1 / Female / Feather Miki Nakao





2014年10月22日水曜日

“落ちる”のメカニズム&ギョウザ耳対処法も!桑原幸一主催『誰でも出来る!BJJメディカルセミナー』。第一回内容決定

12月7日に柔術家の事故、怪我等の対処法を教える桑原幸一主催『誰でも出来る!BJJメディカルセミナー』。第一回内容が次のように決まったとのこと!

【誰でも出来る!BJJメディカルセミナー】
①絞めによる失神=「落ちる」行為のメカニズムの紹介、失神に対しての対処法

先日柔術道場であった事故があっただけに、この対処法は欠かせないと言えます。落ちた生徒に対し、周りは何となく“足を持ち上げる”行為を行っていますが、あの意味を的確に知っている選手はなかなか居ないでしょう。あれで合っているのか、また他の方法がある? 落ちた選手は、どういう風にその後過ごしたらいいの? その辺を紹介してくださるそうです。

②ギョウザ耳(耳介血腫)の原因、対処法

柔術にハマりだした生徒の多くがぶち当たるのが、ギョウザ耳問題! 耳痛ぃ……でも練習したい結果、耳がギョウザでカチカチに……。状態が悪化していけば、耳穴が全部埋まってしまうことも……(某柔術家は穴が埋まらないように短いストローを射していました)。そんなギョウザ耳にならないために、原因、対処法を伺えそうです!

桑原先生のブログでも、告知文が掲載されていますので、是非ご確認を!
http://blog.livedoor.jp/grascobjj/archives/1012376559.html

改めて講師陣紹介
桑原幸一先生
日本ブラジリアン柔術連盟の審判部長であり、東京王子グラスコ柔術アカデミー代表。1997年に柔道整復師の免許も取得している。趣味・ゲーム。

四家靖彦先生
文京区千石『整骨院シケヤス』院長。柔術会場では救護班としてお馴染み。他、キックボクシングや女子格闘技とも提携している。
http://blog.livedoor.jp/s_shikeyasu/


開催日時:12月7日(日)  
場所:グラスコ柔術アカデミー
東京都北区王子本町1-18-8 王子Nビル2階
開催時間:14時から1時間半~2時間を予定  
参加料金:4000円
講師:桑原幸一 
国際ブラジリアン柔術連盟認定 黒帯3段
国際ブラジリアン柔術連盟公認審判員
柔道整復師免許(1997年取得)
接骨院や整形外科で勤務する傍ら、格闘技の
医療班として多数の大会に参加。
協力:整骨院シケヤス院長
四家靖彦先生

ご予約、問い合わせは08034017296かgrascobjj@gmail.comまでお願い致します。




2014年10月20日月曜日

本日発売『ゴング格闘技』12月号も柔術家注目記事多め!

10月23日前後は2大格闘技雑誌が発売! まず『ゴング格闘技』12月号(イーストプレス社)の柔術関連記事をピックアップしましょう。

第一特集はやはり先日開催された「UFC日本大会」ですが、

柔術家・グラップラー注目は第二特集の☆11・8 UFC Fight Night: Rockhold vs. Bispingルーク・ロックホールド覚醒した天才、MMA的・横三角&キムラを語る!

元ストライクフォース世界ミドル級王者ルーク・ロックホールドが、話題の横三角&キムラを語ります。さらに安藤晃司・高瀬大樹など横三角絞めの名手達による“ヨコサン”技術解説も!! ゴンカクは数号前にもフロントチョーク特集を組んでましたが、この手の寝技技術解説コーナーがあるのは非常に嬉しいところ。横三角を柔術に取り入れられたら、相当戦い方の幅が拡がりますよね。

☆中井祐樹×藤原喜明「お前はアントニオ猪木を馬鹿に してるか? プロレスの敵か?」


パラエストラ池袋で開催された藤原喜明氏のセミナー。中井氏も一受講生として参加した。後日、改めて対談を組んだところ、互いに共感を示し合いながらも、実に緊張感あふれる言葉が飛び交った! ち・な・み・に、藤原セミナーの様子は以下から。

9月25日パラエストラ池袋「藤原喜明・関節技セミナー」レポート


後半のFIGHT REPORTでは、JBJJFの全日本柔術オープン“カンペオナート”紹介記事もあり!

ほか、今月も『ゴング格闘技』は読みどころ満載の内容ですゾ!