2013年12月28日土曜日

白帯・青帯の指導力に定評あり!【DRAGON'S DEN澤田真琴代表インタビュー】その1

昨日「Jiu JItsu NERD」Vol.2誌上企画で年間最優秀試合が決まりましたが、BJJPLUSとして“年間最優秀アカデミー”を決めるならば、2013全日本選手権を単体のアカデミーながら団体優勝を成し遂げた埼玉県川越市『DRAGON'S DEN』でしょう。特に白、青、女子選手が好成績を残し、代表・澤田真琴さんは新人育成にかなり定評があります。そこで“白・青帯選手の育て方“についてインタビューを行いました。まずは前編です。

--柔術初心者の白帯に、最初に教えることは何でしょう か?
澤田真琴代表(以下、澤田)  この技!というのは特にありません。全くの初心者には基礎から満遍なくしっかり教えますし、即戦力の人には技術よりも精神面でアドバイスをします。ただ最初からあれこれ言わず、自分で考えて試してもらい、その後で動きが正解か否か、を指摘するようにしています。

--初心者は柔術を楽しむのに少し時間が掛かると思います。柔術に、ジムに馴染ま させるために意識している部分はありますか?
澤田 初心者の方でも、まずは目標を持ってもらうようにしています。即戦力の人には目標タイトルを提示してます。育成枠の人には将来の目標タイトルを提示してま す。 試合を目指すことで一丸になれ、初心者も打ち解ける。そして最近は打ち上げも試合後には必ずやって積極的に交流して仲を深めています。

--目標提示、具体例を教えてください。
澤田 僕は基本的に日本ブラジリアン柔術連盟の試合が一番価値があると 思っていますし、そういう存在でなければならないとも常日頃から思っています。 即戦力、育成枠に関わらず基本的には青帯昇帯はかなり甘く出していますが、逆に紫以上はJBJJF全日本選手権かIBJJFアジアオープン優勝を条件にしてます。 マスターやシニアの人には多少甘くしてますが、それでも最低限入賞は目標に。全日本やアジアを優勝させるために逆算して、取ってもらいたいタイトルを示しています。 育成の人には今年は無理でも次の年の全日本やアジアの優勝までの長期的な育成計画を提示していますね。

--白・青の選手がとにかく試合に出ている印象があります。選手の試合意欲を煽る方法はありますか?
澤田 よく他道場の方にも「DRAGON'S DENは試合に出てますよね~」と言われますが、やはり環境作りの成果だと思います。選手個人だけではなく道場として“団体優勝”という目標を設定 し、そのために一丸となれば自然とみんが試合に出場してくれます。 あえて試合意欲を煽っている点をあげるならば、道場内でランキングをやっている事でしょうか。1位には翌年の世界選手権の航空券を僕からプレゼ ントしています。もしも行けない場合は、翌年度の試合出場費を支払っています。

--昨年の世界選手権の航空券を手に入れた方 はどなたでしたか?
澤田 昨年の獲得者は櫻井徹也だったのですが、彼は今 年の3月に大学を卒業して就職したばかりでしたので、残念ながら世界柔術には出場出来ませんでした。 なので代わりに今年の試合出場費は道場から出資させてもらいました。

--例えば目標提示した選手が怠けている場合、澤田さんはどうするのでしょうか?
澤田 僕の仕事は、生徒がいかに試合で勝つかを考え、実行することです。練習環境を少しでも改善させるために、選手に仕事や住まいを紹介する事もあります。しかし、どんなに僕が頑張って育成計画や練習計画を整えても、最後は選手のヤル気次第です。練習に来ない、試合に出ない、僕の言うことを聞かない人には、何も言いません。別に試合出場が全てではないですし、それはそれで楽しんでいるならばいいと思います。 勿論、頑張っている人には厳しくします。志が高い人たちは僕に色々聞いてくるので、どんどん厳しく助言します。 なので、やる気のない人に言わないというより、やる気のある人に言ってますので“言う暇がない”といった方が正しいと思います。

《明日の後編に続く》

DRAGON'S DEN注目選手の一人である櫻井徹也選手。柔道ベースに強い極めを持ち、今年のアジアオープンを制し紫帯に。紫初試合のCOPA IF-PROJECT 2013でも2連続一本勝ちで優勝。即座に結果を出した。

■埼玉県川越市『DRAGON'S DEN』
http://www.dragonsden.jp




2013年12月27日金曜日

【Jiu Jitsu NERD】年間最優秀試合は中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバに決定!

日本唯一のブラジリアン柔術専門誌である『Jiu Jitsu NERD』さんの企画“2013年最優秀試合賞”の選定。国内で最も優れた試合に送られる賞として、柔術家の代表として柔術ブロガーである橋本欽也さん(ブラジルブログ)、岩井英治さん(柔術新聞)、BJケンさん(柔術魂BOX)、BJJPLUSの加藤の4人各々が一試合を選出。しかし、4者4様で決めかねたので、ネット投票で決めることになりました。

そして本日、投票結果がブラジルブログさんにより発表されました。
得票総数449票
■ブラジルブログ選出
中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバ 9月21日 IF-PROJECT主催『Ground Impact Revival』
270票

■柔術新聞選出
佐藤晶彦vs物河祐亮 7月7日 ブルテリア主催『コパ・ブルテリア』
88票

■柔術魂BOX選出
メンデス兄弟来日試合 11月17日 JJFJ主催『ヒクソンカップ』
30票

■BJJ PLUS選出
杉江アマゾン大輔vs細川顕 7月28日 JBJJF主催『全日本選手権』
61票

結果、年間最優秀試合はダントツの270票を獲得した IF-PROJECT主催『Ground Impact Revival』中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバに決定しました。投票して戴いた449名の柔術家の皆様、誠に有難うございます。この選出の様子、他新人賞、MVPなどを決める座談会は「Jiu JItsu NERD」Vol.2誌上にて発表されるとのこと。是非皆様御覧ください。

以下、改めて年間最優秀試合に選ばれた中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバ戦のレポートを再掲載します。

ヒカルド・デラーヒーバ引退試合 IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』


記念すべき第一回目の記事は、9月21日に新宿フェイスにて行われたプロ柔術興行、IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』から、メインイベントであるヒカルド・デラヒーバ(デラヒーバ柔術)引退試合をお届けします。

介錯人となったのは日本柔術界を作り上げたレジェンド柔術家、中井祐樹(パラエストラ東京)。このスペシャルマッチは試合時間20分、さらにポイントなしという特別ルールで行われました。両選手は実は9年前の『GI-05』で対戦済み。その時は中井選手がアキレス腱固めからリバーサルに成功して、ポイント2-0で勝利。しかし試合後に中井選手は「恐くて、何もできませんでした。これは勝ちではない」と語るほどで、本当にギリギリの超接戦。さて、2回目の対戦は?

先に中井選手がプロ修斗現役時代の入場テーマ曲「ヘルタースケルター」で登場。

ゆったりした歩き方にオーラが滲み出るデラヒーバ選手。駆け付けた大応援団も、この時ばかりは静かに見守る。

そして試合開始。組手争いからスグにデラヒーバ選手が引き込み得意のガードへ。

中井選手は両足を寝かさず踏ん張りを効かせ、スイープ狙いに耐える。一方のデラヒーバ選手も手や足の位置を細かく移動させ、チャンスを覗う。この緊迫した攻防が実に5分ほど続く。

そしてスパイダーガードから右に振り見事にスイープ一閃! 

見事スイープに成功。会場のボルテージは一気に大爆発。大応援団は「デラヒーバ!デラヒーバ!」の大コール。

その後もハーフガードの攻防が続き、互いに一本を狙い続ける。中井選手はラペラチョークを狙うが逃れられ、そのままタイムアップ!

大熱戦のデラヒーバ引退試合は引き分けに終わりました。試合後は互いに検討を讃え合い、デラヒーバ先生の瞳には涙が……。

(写真提供:IF-PROJECT)


2013年12月26日木曜日

『ADCC JAPAN2014 EAST OPEN』&『第5回東京柔術オープントーナメント』1時締め切り迫る!


2014年1月26日中央区総合スポーツセンターで行われるJBJJF&ADCC共同開催『第5回東京柔術オープントーナメント』、『ADCC JAPAN2014 EAST OPEN』。同大会は共に1次締め切りが明日27日(金)と迫っております。

共に早期割引で参加費はたった3000円。両方の大会に出ても合計6000円というのは、かなりお得なのではないでしょうか?
申し込みは各主催連盟のホームページをご覧ください!

~12/27(金):JBJJF会員3000円、一般4000円
~ 1/15(水):JBJJF会員4000円、一般5000円
~ 1/20(月):JBJJF会員5000円、一般6000円


オフィシャルアカデミー 一般
~12/27(金):オフィシャルアカデミー3000円、一般3500円
~ 1/15(水):オフィシャルアカデミー4000円、一般4500円
~ 1/20(月):オフィシャルアカデミー5000円、一般5500円

猫を動きを取り入れた柔術!? 『謎の“猫流護身柔術”とは!?』


柔術の根源は“護身術”にあり、ブラジルの治安の悪い地域で、腕力に劣る弱者の護身術として柔術は研究・浸透していった歴史も持ちます。そんな柔術に“猫の動き・敏捷性”を加えた護身柔術があるのをご存知でしょうか?

その名も「猫流護身柔術」です。
公式ホームページもあります。
http://nekoryugoshinjitsudojoofangier.weebly.com/index.html

猫流護身柔術公式HPによれば、1962年、中林(柔道8段)、小谷(柔道10段)、アニー・ケイツなる3人の柔道指導者が始めた、とのこと。3人の詳しい経歴はないので、正体不明。小谷さんは数多の柔道著書で知られる小谷澄之10段なのでしょうか?

現在もアメリカのノールカロライナ州でクラスを行っているとのこと。
猫流護身柔術の技動画もあります。
猫っぽさは……引き手、釣り手が少し丸まっている感じがしますねぇ。謎が深い、猫流護身柔術!



2013年12月25日水曜日

【Jiu Jitsu NERD】2013年・年間最優秀試合賞 選考プレゼンテーション

柔術魂さんがお休みの間、日本唯一のブラジリアン柔術専門誌である『Jiu Jitsu NERD』さんの企画に、設立僅か2ヶ月弱のBJJPLUSも参加させて頂きました。各ブログが“年間最優秀試合”をプレゼンするもので、ユーザー投票によりナンバーワン試合を決定します。
以下、投票サイトです。

BJJPLUSからは記者二号の加藤が参加し、『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』第8試合、杉江アマゾン大輔VS柿澤剛之をプレゼンしています。そのプレゼン内容は動画でご確認頂けます。

投票締め切りは明日まで。
皆さん、ご参加宜しくお願い致します!
以下、杉江vs柿澤試合のプレイバックです。

2013年9月26日木曜日

杉江アマゾン大輔VS柿澤剛之 IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』

連日お届けする『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』。第8試合では柔術界大注目の一戦が実現。柔術復帰から術復帰から僅か10ヶ月で、先のJJFJ主催・全日本ブラジリアン柔術選手権で階級別・無差別の2冠に輝いた杉江アマゾン大輔こと白木大輔選手(SAD)。 対するは、ADCCブラジル予選優勝者のブルーノ・フラザットと肉薄した試合を行うなど、世界クラスの柔術家・柿澤剛之選手(PUREBRED大宮)! 黒帯ライト級契約で、試合時間は僅か6分。全く予想できぬ試合の結果は?

 ステップを踏むように軽やかに入場する柿澤選手に対し、一歩一歩確認するかのように入場する杉江選手。

距離を取り立ち技を避ける柿澤選手に、杉江選手は序盤から何度もタックルを仕掛けるも不発。


そして柿澤選手がタックルに合わせてバックに回ろうとした瞬間、アマゾン選手が腰をあげて跳腰のように投げる!! 2ポイント先制!!

リードした杉江選手は、いつも通り上から潰して躙り上がるパスを試みるも、そこは難攻不落のガードワークが評判の柿澤選手。杉江選手が立ち上がればデラヒーバガード、座ればスパイダーガードでコントロール。

この2ポイント差のまま試合終盤になり、一発逆転を狙う柿澤選手だが、今度はアマゾン選手が上からしっかり固めてタイムアップ! ベテラン同士の一戦は、アマゾン選手に軍配が上がった。

(写真提供:IF-PROJECT)

2013年12月24日火曜日

「INOKI BOM-BA-YE 2013」中井祐樹先生の試合予想

大晦日まで残り1週間、毎年恒例の格闘技年越しは「INOKI BOM-BA-YE 2013」のみとなり、少々寂しさは感じるものの、柔術選手には注目試合もあるのも事実です。そう、青木真也選手、北岡悟選手です。青木選手はマッハ道場のストライカーTOSHI選手、北岡選手はレスリングの強豪であるラマザン・エセンバエフと対戦。プロレスマッチが多い中で、ガチンコのMMAは一体どういう試合になるのか。そこで、2人の師匠であり、日本ブラジリアン柔術連盟会長の中井祐樹先生に戦前予想を訊いてみました。

 --アントニオ猪木さんの大会に弟子が出場する率直な感想。
中井 数年前もDREAMとIGFのコラボレーションで大晦日に猪木会長にお世話になり、大変有難く思っています。私自身、幼少期からの熱狂的なファンであり、人生を決定づけるほどの影響を頂いた存在、それが猪木会長です。北岡・青木は二人とも今はもう独立していますが、この度試合させて頂けることに私からも改めて感謝したく思います。

--青木選手、北岡悟選手の試合はどういう展開になると思いますか?
中井 青木のセコンドにはつきます。一年ぶりのサポートとなりますね。IGF MMAルールもとても激しい設定になっており、試合はやってみなければわからないものです。展開は正直言いまして予測不能です。彼らには見ている人々に感動を与えるような試合を期待したいと思っています。

以上
先日発売された『ゴング格闘技』でも青木選手は『INOKI BOM-BA-YE 2013』のリングに上がる理由を語っておりますが、明日25日(水曜)21:00~からニコニコ動画に新しく開設されたIGFチャンネル『闘魂スペシャル』において、ゲストとして青木真也選手が登場!改めてこの大晦日に戦う理由、対戦相手にTOSHIさんを選んだ理由を語ってくれるのか、注目です。


・放送URL
http://ch.nicovideo.jp/inokisp
・番組名
イノキボンバイエ直前SP(4)
・放送日時
1
2月25日(水) 21:00~
・出演
青木真也
・MC
“Show”大谷泰顕(IGFオフィシャルパンフレット編集長)

▼第6試合 IGF MMAルール 5分3R
青木真也(Evolve MMA/ONE FC世界ライト級王者)
vs
TOSHI(マッハ道場/前GLADIATORライト級王者)

▼第3試合 IGF MMAルール 5分3R
北岡 悟(ロータス世田谷/IMPACT GYM)
vs
ラマザン・エセンバエフ(ロシア)




■地味に鈴川選手の柔術技を披露することにも期待しています。
『鈴川ブラジル修行へ「3倍増宣言」(東スポ)』
http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/154770/

2013年12月23日月曜日

大会参加費が免除になる!?『JBJJFランキング2014』についての質問・解答

JBJJFランキング2014の概要が発表されていますが、実は優勝者に副賞の“世界柔術行きのチケットが廃止”されているのを皆様はご存知でしょうか?



http://jbjjf.blogspot.jp/2013/12/jbjjf2014.html
簡単に説明しますと、2014年度年間ランキングでアダルト黒帯1~10位、アダルト茶帯1~5位、アダルト紫帯1~5位の選手は翌年2015年度のJBJJF主催大会の参加費が免除、すなわち全大会無料!! という事です。じゃあ全日本もマスシニも!?一体何処までが無料なのか、JBJJF事務局長の浜島邦明さんが解答して下さいました。

--まず、このような大会参加費が免除になる新ランキング制度を始めた理由とは。
「JBJJF主催大会に、より多くの選手が、より強い選手が参加して頂き、他の選手たちと切磋琢磨して日本の柔術界のレベルを少しでも上がれば、というJBJJF原点の思いからです」

--黒帯10名、茶帯5名、紫帯5名とは、かなりの人数が無料ですが……正直そんなことして採算は大丈夫なのでしょうか?
「紫、茶帯選手は見え始めている“黒”を目指し積極的に試合参加なさいますが、黒帯になると“指導者側”の立場になる方も多く、気軽に試合出場できない現状があると思います。先程も言いましたが、やはり黒帯選手のレベル向上は不可欠だと思いますので、もっと黒帯選手に出てもらい、大会を盛り上げて欲しいという思いはあります。紫、茶帯の皆様にもこの制度でさらにステップアップしてもらい、より高いステージで活躍して欲しい思いもあり5位まで免除にさせて頂きました。採算は……大変な部分はありますが(笑)」

--例えば2013年ランキングでは一つのワンマッチ優勝だけでランキング入りした黒帯選手がいますが、そういう方も無料ですか?
「はい、そうです。例えば全日本選手権しか出場せずとも、優勝して9ポイントを得てランキング入りしていたら、翌年の参加費は免除になります」

--それがビッグイベント「全日本選手権」でも無料ですか?
「はい、そうです。ただ、アジアオープンはIBJJF主催大会なので、別になります」

--ランキング入賞者が、例えば“マスターやシニアクラス”に出場しても参加費免除なのでしょうか?
「はい、マスターやシニアカテゴリーで出場する時も免除です。全日本マスター&シニア選手権もです」

以上。
DUMAU大会でも過去に黒帯免除がありましたが、ランキング入賞者限定ながら日本ブラジリアン柔術連盟も免除制度をやるのは面白いですね。単純計算で大大会を一発優勝しておけば、翌年無料になる確率はかなり高いです。ただポイント制はアダルト限定の事とのこと。試合意識の高い柔術家にとっては素晴らしい制度なんじゃじゃないでしょうか。

■JBJJF

2013年12月22日日曜日

『Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2014年 2月号』四大ブロガー座談会掲載!

12月24日発売の『Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2014年 2月号』にも柔術記事が多数掲載されております。

■四大ブロガーが選ぶ 2013年柔術界10大ニュース
↑では、僭越ながら設立2ヶ月のBJJPLUSからもライターの一人である加藤が参加させて頂きました。ブラジルブログさん、柔術新聞さん、柔術魂BOXさんをメインに、BJJPLUSは添え物程度で発言しておりますが、記事では『2013年国内BJJ10大ニュース!』も決めております。是非ともご一読を!

■BJJ NEWS IBJJF「アジアオープン2013」、IF-PRO「COPA IF-PROJECT2013」
文字通りアジア、COPA IFを終えて順位確定したJBJJFランキングについて合計1ページで触れています。

■最強柔術家の柔術Life マンハッタン、8番街47丁目のヴィトー・シャオリン・ヒベイロ
シャオリンのインタビューでは、修斗時代の話、DREAMでの青木真也戦について、マンハッタンに道場を構えるまでなど、とても興味深い内容になっております。

『Fight&Life (ファイトアンドライフ) 2014年 2月号』
出版社: フィットネススポーツ
価格:880円
発売日:12月24日