2013年12月27日金曜日

【Jiu Jitsu NERD】年間最優秀試合は中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバに決定!

日本唯一のブラジリアン柔術専門誌である『Jiu Jitsu NERD』さんの企画“2013年最優秀試合賞”の選定。国内で最も優れた試合に送られる賞として、柔術家の代表として柔術ブロガーである橋本欽也さん(ブラジルブログ)、岩井英治さん(柔術新聞)、BJケンさん(柔術魂BOX)、BJJPLUSの加藤の4人各々が一試合を選出。しかし、4者4様で決めかねたので、ネット投票で決めることになりました。

そして本日、投票結果がブラジルブログさんにより発表されました。
得票総数449票
■ブラジルブログ選出
中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバ 9月21日 IF-PROJECT主催『Ground Impact Revival』
270票

■柔術新聞選出
佐藤晶彦vs物河祐亮 7月7日 ブルテリア主催『コパ・ブルテリア』
88票

■柔術魂BOX選出
メンデス兄弟来日試合 11月17日 JJFJ主催『ヒクソンカップ』
30票

■BJJ PLUS選出
杉江アマゾン大輔vs細川顕 7月28日 JBJJF主催『全日本選手権』
61票

結果、年間最優秀試合はダントツの270票を獲得した IF-PROJECT主催『Ground Impact Revival』中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバに決定しました。投票して戴いた449名の柔術家の皆様、誠に有難うございます。この選出の様子、他新人賞、MVPなどを決める座談会は「Jiu JItsu NERD」Vol.2誌上にて発表されるとのこと。是非皆様御覧ください。

以下、改めて年間最優秀試合に選ばれた中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバ戦のレポートを再掲載します。

ヒカルド・デラーヒーバ引退試合 IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』


記念すべき第一回目の記事は、9月21日に新宿フェイスにて行われたプロ柔術興行、IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』から、メインイベントであるヒカルド・デラヒーバ(デラヒーバ柔術)引退試合をお届けします。

介錯人となったのは日本柔術界を作り上げたレジェンド柔術家、中井祐樹(パラエストラ東京)。このスペシャルマッチは試合時間20分、さらにポイントなしという特別ルールで行われました。両選手は実は9年前の『GI-05』で対戦済み。その時は中井選手がアキレス腱固めからリバーサルに成功して、ポイント2-0で勝利。しかし試合後に中井選手は「恐くて、何もできませんでした。これは勝ちではない」と語るほどで、本当にギリギリの超接戦。さて、2回目の対戦は?

先に中井選手がプロ修斗現役時代の入場テーマ曲「ヘルタースケルター」で登場。

ゆったりした歩き方にオーラが滲み出るデラヒーバ選手。駆け付けた大応援団も、この時ばかりは静かに見守る。

そして試合開始。組手争いからスグにデラヒーバ選手が引き込み得意のガードへ。

中井選手は両足を寝かさず踏ん張りを効かせ、スイープ狙いに耐える。一方のデラヒーバ選手も手や足の位置を細かく移動させ、チャンスを覗う。この緊迫した攻防が実に5分ほど続く。

そしてスパイダーガードから右に振り見事にスイープ一閃! 

見事スイープに成功。会場のボルテージは一気に大爆発。大応援団は「デラヒーバ!デラヒーバ!」の大コール。

その後もハーフガードの攻防が続き、互いに一本を狙い続ける。中井選手はラペラチョークを狙うが逃れられ、そのままタイムアップ!

大熱戦のデラヒーバ引退試合は引き分けに終わりました。試合後は互いに検討を讃え合い、デラヒーバ先生の瞳には涙が……。

(写真提供:IF-PROJECT)