2014年12月18日木曜日

IF-PROJECT主催『デラヒーバカップ2014』紫帯部門

12月14日に開催されたIF-PROJECT主催『デラヒーバカップ2014』、紫帯部門でもMMA選手、強豪選手が多数登場。今回は注目階級をレポートしていきます。
紫帯フェザー級では現在柔術に専念中の中村浩士選手がエントリーし、今までのタックルでテイクダウン→固める、という戦法ではなく引き込んでガードからの攻めも見せる。しかし、同階級ではJBJJF系大会で優勝常連であるクリハラリョウセイ選手(トライフォース柔術アカデミー)がテクニック面で一枚上手だった。怪我でしばらく戦線離脱していたクリハラ選手が本領発揮の盤石の優勝。

アダルト紫帯ミディアムヘビー級はワンマッチ決勝で、名門グレイシーバッハ東京のMMAファイター佐藤洋一郎選手と、、紫帯昇格1年足らずながらテクニシャンと評判のエリクソン・タケウチ選手(IMPACT BJJ)の一戦に。テイクダウン狙いの佐藤選手を引き込み、その後はデラヒーバ、スパイラル等様々な仕掛けからスイープを次々決めて、最後は肩固めで一本。そして激戦の紫帯オープンクラスでも、奇しくも両選手が決勝に勝ち上がり再戦。先程の再現かのような展開になり、2戦目もタケウチ選手が送り襟絞めで2冠に輝いた。

その他、試合結果はIF-PROの公式hpに掲載中です。







2014年12月17日水曜日

都内で「デラヒーバセミナー」急遽2件決定!

「デラヒーバカップ2014」を終えましたが、現在もデラヒーバ先生は日本滞在中。昨日は海外用の技術本を日本で撮影? なんて情報も。そして今週金曜夜19:30からパラエストラ池袋、土曜正午からマックス柔術アカデミー&ヨガスタジオにてセミナー開催が急遽決定!! 代名詞“デラヒーバガード”は勿論、世界が絶賛したベーシックテクニックの数々を徹底伝授! 定員もあるので、応募はお早めに!!

以下、パラエストラ池袋情報

ヒカルド・デラヒーバ(Ricardo de la Riva)セミナーatパラエストラ池袋
2年ぶりに開催正式決定しました。
12月19日(金)19:30スタート
19時に開場します
パラエストラ池袋会員
他パラエストラ会員
非パラエストラの方も参加可能です
paraeike@yahoo.co.jpまでご連絡お願い致します

技に名前が付いてる先生のセミナーは藤原喜明先生(フジワラアームバー)に引き続き今年二人目
是非リビングレジェンドのデラヒーバガードを体感して下さい!
また通訳として山内康悦(AXIS)参戦!

気になってる人は来た方がいいです!
パラ池のデラセミにハズレなし!
http://paraestra-ikebukuro.com


以下、マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオ情報

Ricard De La Riva Seminar
日時: 12/20(Saturday) 12:00~14:00
(受付開始11:30、約2時間)

セミナー参加費: 6000円(MAXJJ会員向け割引あり)

所属アカデミー不問、柔術愛好家の皆様、どなたでも参加可能です。マット面積の都合で先着20名限定です。皆様お誘いあわせの上、お申し込みはお早目に!!

柔術マジシャン”ミノタウロ”ノゲイラの師匠として、そして昨今でもUFCトップ選手のアンデウソンシウバの柔術コーチとしてなど、柔術界のみにとどまらず世界中の格闘技界からも高い評価を得ている世界的柔術マスター、そしてもはや言うまでもなく今や誰にも疑うこともなくベーシックテクニックとして使われるようになった”デラヒーバガード”のオリジネイター。そのテクニックのみならず、世界中の数多くの柔術家から本当の人格者としても慕われるデラヒーバ先生に直接 デラヒーバを教えてもらう貴重なチャンス!

2014年12月16日火曜日

IF-PROJECT主催『デラヒーバカップ2014』青帯部門~記者会見

『デラヒーバ2014』、続いて青帯部門から注目試合をお届け。やはり最注目と言えるのは、アダルト青帯ミドル級で、かつてHERO’SやDREAMにも出場し、プロレスでも活躍してきた門馬秀貴(Brightness MONMA DOJO)の出場でしょう。

一回戦の林健太郎選手(GRABAKA柔術クラブ)は、強固なガードからの攻めを得意にする選手で、白帯時代にはMMA選手の土屋大喜選手も破っています。今回は久々の柔術試合とのこと。

 門馬道場の生徒たちの大声援が飛ぶ中で、林選手は立ちに付き合わず試合開始と共に引き込む。そのままフックスイープを防がれ、ハーフの攻防になるが、門馬選手もなかなか足を抜くことができず。林選手はクロスに閉じ込めて、しばし膠着で互いにルーチ。林選手はセコンドの指示で終盤に十字絞めにトライ。これがアドバンまだはいかなかったが、好印象になったのかレフリー判定で林選手! 今回も大物総合選手を破った。

林選手は門馬選手を破った勢いのままトーナメントを制覇。決勝も一本勝ちするなど、2年半ぶりの試合とは思えぬ落ち着いていました。

大会途中の午後15時からは記者会見が行われ、IF-PROJECT安井代表が来年の10月24日(土曜)、新宿フェイスにてプロ柔術大会『Grund Impact Revival 2015』の開催を発表。出場予定選手も登場しました。BJJPLUSでは皆さんに「対戦したい選手は?」と質問を投げかけましたが、皆さん「誰でもいいです、動きのある試合をしたいです」とのことでした……。山田選手だけが、「今日負けたアサダ先生としたいですね」とのこと。安井代表の話では、海外大物選手とも交渉予定とのこと。グレイシーとか誰か来ませんかねぇ?

そして【Jiu Jitsu NERD】の2013年・年間最優秀試合賞に中井祐樹vsヒカルド・デラヒーバ戦が選ばれたことで、デラヒーバ先生に盾が贈呈されました。

Grund Impact Revival 2015

日 程 10月24日 土曜日 夜
場 所 新宿フェイス








2014年12月15日月曜日

IF-PROJECT主催『デラヒーバカップ2014』開会式~白帯部門


12月14日、延べ人数300人越えの大規模大会になったIF-PROJECT主催『デラヒーバカップ2014』。BJJPLUSの公式Facebookでは速報をお届けしましたが、ブログ版にも加筆修正したものを掲載していきます。まず白帯編から。会場は台東リバーサイド柔道場で、2面しかないマットをテープで仕切り急遽3面に。序盤戦はキッズ部門で、会場は出場する柔術家、親御さん、指導者を集まりすし詰め状態。これならもう少し大会場を抑えても良かったかもしれません。

 デラヒーバ先生は前日の“韓国大会”があったために、朝一の便で日本へ。そのため開会宣言はIF-PROJCT代表・安井氏がご挨拶してました。

アダルト白帯フェザー級では、プロシューター木暮聡vsDEEPを主戦場にするチャップリン木山というプロMMAファイターによる一戦も。結果、木暮選手が優勝。

64歳の香取選手(パラエストラ吉祥寺)が「カテゴリーに相手不在だったので」との理由で、41歳以上のマスター3に挑戦!! 序盤にタックル入り先制するも、下から腕十字の形に入り決まりかけるが、どうにか凌いでスイープに成功し見事勝利。会場が声援で大爆発していました。香取選手は週1ペースでも練習を止めず続けた事が、結果に結びついた、とのことです。

12時過ぎに到着したデラヒーバ先生と、この日は指導するキッズのセコンドに来ていた中井先生。作年のデラヒーバ引退試合以来の再会です。