2015年2月5日木曜日

【試合で勝負強くなるために緊張に打ち勝つ方法】鬼極師・岡本裕士さんの場合

前回好評だった【試合で勝負強くなるために緊張に打ち勝つ方法】世界王者・八木沼志保選手の場合ですが、早速第2弾になります。今回は、コムロック&多彩な絞め技で一本勝ち量産する日本有数の極め職人・岡本裕士さん(RJJ代表)です。あの勝負強さは一体何処から生まれるのか、如何にリラックスしているのかを伺いました!


--試合前にいつも考えていることはありますか?
岡本 試合出場を決めたときから、大会当日まで自分が表彰台の真ん中に立って金メダルをもらっている瞬間や、相手から極めて一本勝ちした瞬間を日々イメージしています。そのイメージにしっかり近づけるためには、どうしたら良いかをよく考えて、試合まで練習を行います。

--なるほど、試合直前には何を?
岡本 そこで勝った瞬間に周りの方々が喜んでくれているシーンをイメージしたり、あとは自分の攻めるパターンをいくつか考えていますね。大事なのは、ネガティブなコトは考えず、ポジティブに気楽にいることでしょうか。ちなみに僕はスマホとかいじくっています(笑)。

--ポジティブですね~。
岡本 はい、とにかくポジティブに。試合が終わり、ランチや打ち上げのシーンとか想像するのも良いかと思います。勝って旨い酒を飲むか、負けてマズイ酒を飲むか。どうせだったら、勝って旨い酒を飲みたいですよね。

--では、あまり緊張はしないのでしょうか?
岡本 いや、実はコパ・ブルテリア2014や、MATSURI第6戦は、なぜか緊張しちゃったんですよね。
それは練習量が足りなくて、減量にも苦しみ、自分に自信がなかったんです。でも、勝つときは勝つし、負けるときは負けるんです。だから相手の方も強いし、負けたら負けたでいいやと開き直ったら、緊張は解けました。発想を変えて、自分の精神状態を上手くコントロールできると良いですね。

--なるほど、では初試合に望む方へのアドバイスを一つお願いします。
岡本 試合は殺し合いでも殴り合いでもありません。誰かから怒られるコトもないでしょうし、怖がる必要はありません。学校行事の修学旅行や運動会って、楽しみで仕方なかったですよね!?
試合は、今まで練習してきたことを試す、絶好の機会です。勝ったら周りの仲間は喜んでくれるでしょうし、負けても出場した勇気を讃えてくれるでしょう。僕は試合に出ようと思い、実際にマットの上に立っただけでも、ものすごいコトだと思います。みなさん、仕事をしながらスキマ時間で練習して試合に臨む、サラリーマン柔術家でしょうが、僕も同じ立場のサラリーマン柔術家です。
毎日バリバリ練習しているわけでもなく、普段は仕事をこなし、スキマ時間で週1~2回程度練習して試合に臨んでいます。なので、同じサラリーマン柔術家の方々がこの記事を読むコトで、試合に対する恐怖心を少しでも和らげるキッカケになっていただければ幸いです。

--有難うございました!! 自分が勝つと言い聞かせ、勝つイメージをとにかく描く。岡本選手の場合は最後の一本勝ちまで想像しているのでしょう。これは極め力があるからこそ、描けるのかもしれませんね。さぁ、そんな岡本選手がセミナーで東京襲来! この機会に是非、自分の中で一本勝ちを描けるような技術を学んでみては!?





【鬼極セミナー開催】
「せっかくコムロックで腕を抱えても、抜かれたり潰されたりしてしまう」
「一番絞りを見よう見まねでやっても、上手く絞まらない。首が痛くなるだけ」
「相手が防御してきたら、どう極めればいいか、よく分からない」
さて、今回は単純な技の説明だけでなく、相手の防御を想定したうえでのテクニックが知りたい。
そんな方を対象としたセミナーです。
—————
開催時間が短いため、質疑応答をメインでやらせていただきます。
一番絞りやコムロックをはじめ、極めるコツ。
来るのが分かっていても、相手の防御のさらに上に行き極めるコツ。
はたまた、一番絞りやコムロックの防御法まで。
僕に答えられるものは、全てお答えします。
日頃の悩みを解消したい方は、ぜひ。