2014年9月20日土曜日

【第5回全日本ノーギ柔術オープントーナメント】エキスパートクラス・階級別レポート

続いて『第5回全日本ノーギ柔術オープントーナメント』のエキスパートクラス階級別レポートをお届けします。JBJJFが"ノーギ"を今年復活させ、IDカードなしで出場できる事で参加選手がグッと増えて印象があります。今回はアクシス柔術アカデミーからの参加もあり、かなりの盛り上がりをみせました。

アダルトエキスパートライトフェザー級決勝 坂本純(トライフォース柔術アカデミー)vs村田卓実(バルボーザジャパン東京)

アクシスの新鋭・佐野貴文、強豪高校生・上田直毅などフレッシュな顔ぶれの中で、決勝に残ったのはやはりベテランの2人。試合は柔術家・坂本選手が引き込み、村田選手がパスのプレッシャーを仕掛け続ける展開になります。帯色では坂本選手が上でも、ノーギはやはり村田選手の仕掛けの豊富さが勝っていく。中盤に坂本選手のタックルに村田選手ががぶり、そのまま巴スイープで先制。続けてパスでサイド、坂本選手が逃げたところをバックでポイント重ね、最期は裸絞めで一本! 4分17秒、村田選手が完封勝利。

アダルトエキスパートライトフェザー級決勝
✕坂本純(トライフォース)
4分17秒 裸絞め
○村田卓実(バルボーザジャパン東京)

アダルトエキスパートルースター級はワンマッチ決勝 吉沢健太郎(パラエストラ川崎)vs澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)

この階級はワンマッチ決勝に。吉沢選手は前日行われたZST「GT-F」に出場し、この日連戦に。序盤はダブルガードの攻防になるが、実績として上の澤田選手が結果下になり吉沢選手のパスをいなし、隙をみて片足タックルを狙う展開。終盤に吉沢選手が足感狙うもしっかりかわし、ポイント0-0(アドバン2-0)で澤田選手の勝利。

アダルトエキスパートルースター級決勝
×吉沢健太郎(パラエストラ川崎)
ポイント 0-0(アドバンス0-2)
○澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)

アダルトエキスパートミドル級決勝 佐藤洋一郎(グレイシーバッハ)vs 神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)


  巴戦で決勝に上がったのは、一昨年の全日本ノーギ選手権神田と、MMAで実績十分の佐藤に。試合開始して神田選手は立ちに付き合わず、クロスに閉じ込める。佐藤選手は割って担ぎパスを狙うが、神田選手がオモ、三角、草刈りに捉えてアドバンスを重ねる。そして終盤に同様の展開からスイープを決める! 逆転を狙う佐藤選手は足関節を狙うも、逃れられタイムアップ。
ポイント0-2(アドバン1-3)で神田選手の優勝!

アダルトエキスパートミドル級決勝
×佐藤洋一郎(グレイシーバッハ)
ポイント 0-2(アドバンス1-3)
○神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)

以上