2017年2月16日木曜日

試合映像・レポ:2/5 JBJJF 第8回関西柔術オープントーナメント | マスター黒帯


2017年2月5日(日)大阪府・武道館ひびきにて開催されましたJBJJF『第8回関西柔術オープントーナメント』のの試合映像がフルフォース・プロダクションさんのYOUTUBEチャンネルにUPされています。

2017年度JBJJF開幕戦となった関西オープン、好試合が続出したこの大会から印象に残った試合を数回に分けてご紹介いたします。

【JBJJF関西オープン2017】マスター1黒帯フェザー級

マスター1黒帯フェザー級には4選手がエントリー。1回戦ではアグレッシブな試合運びが売りの”セリンゲロ”カーロス・キムラ選手(IMPACTO JAPAN BJJ)と、極めの強さに定評があり関西を中心に活躍している清水隆広選手(柔専館)が対戦。この両者の試合は例えるなら真剣での斬り合いのようなもので、どれだけ点差があっても最後まで一瞬も目が離せない、まさにその様な緊迫した一戦になったのではないでしょうか?
もう一方の1回戦では伊藤健吾選手(総合格闘技道場コブラ会)と小林賢輔選手(G-FREE)が激突。この顔合わせは昨年のプロ柔術MATSURIの再戦となりました。ホレッタを中心にテクニカルな攻撃を仕掛ける小林選手と、一瞬の隙を狙う伊藤選手。前回は伊藤選手が勝利していましたが、今回は小林選手がリベンジに成功。この一戦のフィニッシュまでの流れは必見です!
決勝戦ではセリンゲロ選手の攻撃力を改めて実感。チャンスとみるや一気に畳み掛けるその爆発力は凄まじいものがあります。短期決着となりましたが両選手の良さが出た好試合だったのではないでしょうか。

【JBJJF関西オープン2017】原晃 vs ミケヤス・トシオ・アサダ

マニア垂涎の顔合せとなった、原晃選手(吹田柔術)とアサダ・トシオ選手(IMPACTO JAPAN BJJ)のマスター2黒帯ライト級ワンマッチ決勝では、アダルトカテゴリーでもトップクラスのアサダ選手のパスガード力と、原選手の強力なガード力が真っ向から激突。
原選手が巧みなガードワークでアサダ選手のアタックを際で阻止し続けるも、アサダ選手もパスのバリエーションを発揮し、一瞬のスキを見逃さず原選手が亀になったを確実にバックへとつなげ試合の決め手に。両選手のいぶし銀のようなテクニックが堪能できる一戦となりました。

大会結果:2/5 JBJJF 第8回関西柔術オープントーナメント | ケイン・ゲーリング、フェリペ・ハタダ、カーロス・キムラ、アサダ・トシオ らが優勝

再生リスト:JBJJF関西柔術オープン2017