2017年2月15日水曜日

試合映像・レポ:2/5 JBJJF 第8回関西柔術オープントーナメント | アダルト黒帯


2017年2月5日(日)大阪府・武道館ひびきにて開催されましたJBJJF『第8回関西柔術オープントーナメント』のの試合映像がフルフォース・プロダクションさんのYOUTUBEチャンネルにUPされています。

2017年度JBJJF開幕戦となった関西オープン、好試合が続出したこの大会から印象に残った試合を数回に分けてご紹介いたします。

【JBJJF関西オープン2017】アダルト黒帯ミドル級

チアゴ・ハタダ選手(IMPACTO JAPAN BJJ)と奥村マルシオ選手(パラエストラ東京)との試合では、マルシオ選手がガードを取り足関などで攻め立てるも、チアゴ選手がこれらをしのぎ、キレのあるパスガードを成功させポイント勝利。
3人トーナメントの為、再度登場となるマルシオ選手と伊東元喜選手(柔専館)の一戦は、マルシオ選手が下からのスイープで先手を取ったものの、伊東選手が膠着のペナルティーで同点に追いついた瞬間にスイープを成功させ一気に逆転でポイント勝利。
決勝戦はチアゴ選手がスイープに成功しそのままマウントをキープ。ラペラを上手く使い、袖車と腕絡みの2つのプレッシャーをかけ続ける。伊東選手が1度はエスケープに成功したもののチアゴ選手が再度アタックを仕掛け、見事な一本勝ちでミドル級を制しました。
チアゴ選手はライト級の選手ですので、本来の階級での活躍も楽しみです。

【JBJJF関西オープン2017】アダルト黒帯オープンクラス

オープンクラスではミドル級出場の3人にオーストラリアからブルテリアボンサイに修行中のケイン・ゲーリング選手を加えた4人で行われました。
ここでその実力を見せつけたのはケイン選手。重量級ながら下からのテクニカルなスイープを見せ、トップを取ればパワフルなパスガードからそのまま1本を取れる攻撃力を発揮し見事に優勝。
日本滞在中に更なる試合出場はあるのでしょうか? 非常に興味深い所です。

大会結果:2/5 JBJJF 第8回関西柔術オープントーナメント | ケイン・ゲーリング、フェリペ・ハタダ、カーロス・キムラ、アサダ・トシオ らが優勝

再生リスト:JBJJF関西柔術オープン2017