2014年11月24日月曜日

「ヒクソン杯2014」1日目、簡易レポート

11月23日~24日、JJFJの最大規模大会と言える「ヒクソン杯2014」が開催されています。今年はJBJJF側のアジアオープンも近かった事もあり、海外柔術家がそのまま日本滞在して本大会に望むなど、例年よりも盛り上がっている印象があります。BJJPLUS記者・Iのレポートです。

会場になるのは、最大1万人の観客が入場できるメインアリーナがある設備が充実する東京体育館です。写真のような弾幕が付けられているので、「おっ、ヒクソン来ているの?」と一般層にもアピールできています。ただし、ヒクソンは今回来ていませんが……。

体育館内はこのような感じなっています。諸事情により1日めは観客席が使えなかったそうですが、2日目はスゴい応援合戦になりそうです。

 会場では12/23(火・祝)、東京・有明の有明コロシアムで開催される「REAL 1」の特別チケットも販売されてました。「えっ、4000円や6000円のチケットあるの?だったら行こうかな」なんて柔術衣を着た男たちの声が聞こえてきましたよ。

 物販ブースもかなり充実。ISAMIさんだけではなく、ALMA、そして柔術本や教則DVDなども販売されていました。ちなみにISAMIさんお薦めは、「キン肉マン柔術衣」とのこと。確かに、最近これを着て試合に出ている選手が増えていますよね。

大会メダル。そしてこの「RGC」の刺繍がされたキャップは、出場者への記念品です。裏にもJIU-JITSUの文字が! キャップは出場者への記念品。カリフォルニアのストリート系ブランド「RVCA」(ルーカ)とのコラボ大会記念Tシャツも! か、カッコいい!!

一日目はこのようなスケジュールになっています。言うならばキッズ、白、青帯がメインと言えます。

キッズ部門で好成績をおさめたMAX柔術ヨガスタジの皆さん。
正直な話、JBJJF側には出場しない選手も多いので、名前が解らなかったり、なかなかお伝えしにくい部分はありました。それが逆に新鮮でもあり。もう少し幅広く取材できるよう勉めていきます。それでは2日目です!