2014年10月1日水曜日

9月23日『トライフォース柔術アカデミー創立10周年記念パーティー』のレポートVOL,2


トライフォース柔術アカデミーのゼネラル・マネージャー新明です。少し期間は空きましたが、前回のVOL,1に引き続き10周年記念パーティーの様子をレポートします。

司会の私とネクサセンス代表の植松直哉先生

会も中盤になりますと硬派なイメージのトライフォースのおちゃらけ部門がはじまりました(笑)
突如開催、「腕相撲の最強決定8人トーナメント!!」


ゲストも含め7人が参戦!

・池袋
”TFアームレスリングチャンピオン”野村功一選手
”マッチョ・デンティスト”高橋昌嗣選手
”海人”渡辺直由選手

・新宿
”陽気な筋肉魔人”ホセ・オチヨア選手
”TF重量級の一等星”高尾明弘選手


・五反田

”愛すべきビックボスマン”阿部光太郎選手

・ゲスト
不倒のカッティング鋼鉄体(柔術新聞© ”鍵山士門選手/デラヒーバジャパン

レフェリーは、浜島邦明先生!

これだけ集まれば盛り上がらないわけがない!

あれしかし1名足りない。。。


ニセ高田統括本部長が登場し選手を呼び込みます!

シークレット参戦のこの選手!


あのPRIDEで名勝負を演じたレジェンドのヴァインダレイ・シウバ選手!?

チャンピオンベルトを持参で参戦です!
しかし優勝候補の鍵山選手に敗れ、初戦敗退。 場の空気を盛り上げてくれました。ありがとうイトさ・・・いやヴァンダレイ!


 トーナメントの結果は、強豪選手を倒し勝ち上がった野村選手、鍵山選手の決勝。


野村選手が見事優勝!トライフォースの腕相撲チャンピオンはやはり強かった!


腕相撲後に、10月19日に開催「IBJJFプロリーグ」煽りVTRが上映。

トライフォース強さの象徴であり、コンペティション部門の代表をつとめます芝本幸司が壇上に登場に試合への抱負を語りました。

今大会はルースター・ライトフェザー・フェザー級の混合の階級にエントリーし、トップファイター4人がトーナメントで激突します!

あくまでも「世界柔術での優勝」を目標に据える芝本ですが、今年の世界柔術で対戦し敗れたパウロ・ミヤオ選手とも対戦の可能性のある今大会に大きな意義を見出しています。

皆さん応援宜しくお願いします!

最後は早川総代表によるパーティーの結びの挨拶。

ご出席いただいた関係者の方々へ感謝の言葉を述べられました。

また「トライフォースは今後も強い道場・楽しい道場の両方を目指していきます。」という言葉が印象的でした。

強い道場の部分では芝本の次世代である澤田伸大(全日本2014準優勝・全日本ノーギ2014優勝・全日本ノーギオープン2014優勝)にも期待を寄せているとのお話がありました。

これにてパーティーはお開きレポートもここまでとします。

ありがとうございました。

また当日お忙しい中ご参加いただきました皆様ありがとうございました!

各支部の代表・インストラクター・スタッフの集合写真

池袋アカデミー

新宿アカデミー
五反田+弘中さんと金古さん

元JFT(ジャパンファイトチーム)のメンバー
トライフォースコンペティションクラスのメンバー

以上、現場より新明がお伝えしました!