2014年1月29日水曜日

【第5回東京柔術オープン】アダルト茶帯オープンクラスレポート

1月26日に中央区総合スポーツセンター柔道場で行われたJBJJF主催『第5回東京柔術オープン』。今回はその中から茶帯オープンクラスをお届けします。3人エントリーの巴戦になり、優勝候補筆頭はデラヒーバジャパン所属の鍵山士門選手。 ルーベルト・ヴィンスネス選手(パラエストラTB)、 宮地一裕選手(修斗ジムroots)共に茶帯昇格間もないだけに、鍵山選手が茶帯先輩として違いをみせれるか、注目でした。

アダルト茶帯オープンクラス準決勝 
鍵山士門vsルーベルト・ヴィンスネス
 組んだ両選手でしたが、鍵山選手が引き込み速攻のベーシックパスで2ポイント先制。

 
 ホレッタを仕掛けるルーベルト選手をしっかり潰してサイド、腕十字を狙う動きからバックを奪い、大量12ポイントリード。

 終盤、ルーベルト選手は下から十字絞めからスイープし、上から小手絞りを狙うもココでタイムアップ。鍵山選手が決勝へ。

アダルト茶帯オープンクラス準決勝 
 宮地一裕vsルーベルト・ヴィンスネス
 茶帯昇格間もない両者。宮地選手は素早く引き込み、一瞬三角の形になるが、すぐに解きクローズドガードに。ここからルーベルト選手の圧力を得意の足捌きで凌ぎ、クローズドの中からラペラを引き出し締めを狙う。アドバンテージも入らないままタイムアップ。レフリー判定で宮地選手に軍配が上がった。

アダルト茶帯オープンクラス決勝 
鍵山士門vs宮地一裕
 宮地選手の引き込みに合わせるように、側転気味に鍵山選手がいきなりパス成功。またも速攻が決まる。

 下になった宮地選手は潜って足狙い! 茶帯昇格スグに対応するとは、普段から足練習している証ですね。苦しそうな鍵山選手の表情に、一瞬決まるか? と思いましたが…。


 足関を抜けて一気にスイープ、上から少し固めて宮地選手が動いた瞬間に腕十字!! これがガッチリ決まり一本。鍵山選手が先輩茶帯の意地をみせました。

アダルト茶帯オープンクラス
優勝  鍵山士門 Shimon Kagiyama(デラヒーバジャパン)
準優勝 宮地一裕 Kazuhiro Miyachi(修斗ジムroots)

http://www.delariva.jp/fa/

■パラエストラTB
http://www.parakatsu.com/

修斗ジムroots
http://www.rootsgym.com/