2014年2月1日土曜日

北川貴英(システマ東京代表)×松原隆一郎(東京大学大学院教授)× 中井祐樹(日本ブラジリアン柔術連盟会長)「怒りと身体、武術と格闘技をつなぐもの」 イベントレポート

システマ東京代表・北川貴英氏の最新著書『人はなぜ突然怒りだすのか?』(イースト・プレス刊)の発売を記念して昨日1月31日、下北沢B&Bにて北川貴英(システマ東京代表)×松原隆一郎(東京大学大学院教授)× 中井祐樹(日本ブラジリアン柔術連盟会長)のトークセッションが行われました。テーマは「怒りと身体、武術と格闘技をつなぐもの」です。

まず“システマ”から説明しますと、ロシア軍特殊部隊スペッナズで学ばれる格闘術であり、人間が究極の危機的状況に陥った時、どのような原理を貫き、動けばいいのか、というシステムを明確にしたもの、なんだそうです……。(wiki情報)。日本では合気道に近そうに見えますが、詳しくは以下動画を観ればシステマの片鱗が少しだけ解るかと思います。



著者の北川氏はこのシステマで日本人2人目の公認インストラクターであり、システマ東京代表です鼎談相手の松原氏は、ゴンカク連載でお馴染みで東大柔道部長・大道塾ビジネスマンクラス師範代の肩書きを持つ東大教授です。そして中井祐樹氏については、弊ブログを観ている方には説明不要でしょう。この御三方によるトークショーは午後20時から、満員状態で始まりました。

御三方ともに穏やかな口調で、怒り・武道・実戦について各々の思考・経験談を元にトークは進みます。
中井氏は『人はなぜ突然怒りだすのか?』を読んだ感想を問われ、
「自分は怒らない人間なのですが、それは感情や考えを上手くやっていること。それはこの本に書いてあり、似ているな、と思った」
と共感しているとコメント。
すかさず松原氏が、
「確かに中井君は大晦日のあの事件でも怒っていなかったよね」
という鋭い突っ込みに、中井氏は頷きながら「年末年始は事件が起りやすくて……」と苦笑いする一幕もあり、旧知の仲である中井氏・松原氏の掛け合いに幾度と無く観客から笑いがおきていました。

三者による武術・格闘技の話題も多く、

松原氏が体験した「五輪金メダリスト・石井慧選手は相手の力・技をズラす練習法」、
中井氏が「七帝時代に強豪選手を相手にいかに引き分けたか」など、
柔術を学ぶ人間にとって、かなり参考になる話が満載。
中井氏・松原氏の疑問を北川氏が解答するシーンもあり、北川氏の柳に風と受け流すような解答の数々も面白く、頷く観客が多かった印象でした。

他にも各々の道場論、実戦論などを含め、あっと言う間の2時間。このブログでは書けないような話も出てきたので、柔術家として為になりながら、格闘技ファンとしてもしっかり面白い、素晴らしいトークショーでした。

最後にトークショー終了後の、御三方のTwitterに述べている感想を貼っておきます。内容が伝わってくると思います。





■中井祐樹氏 Twitter
https://twitter.com/yuki_nakai1970

■松原隆一郎氏 Twitter

■北川貴英氏 Twitter
https://twitter.com/systemaTYO

北川氏の『人はなぜ突然怒りだすのか? 』はイースト・プレス社より絶賛発売中です。
定価: 903円(本体860円+税5%)
http://eastpress.co.jp/shosai.php?serial=1990