2013年12月14日土曜日

【COPA IF-PROJECT 2013】アダルト紫帯ルースター級レポート

アダルト紫帯ルースター級には、青帯時代に「世界柔術2012」で準優勝に輝いた澤田伸大選手(トライフォース柔術アカデミー)が登場しました。ワンマッチ決勝で対するは赤堀祥一選手(ストライプル)も『DUMAU CHALLENGE TOKYO 2012』を制するなど紫帯ルースター級で成績を残す強豪選手です。

アダルト紫帯ルースター級決勝
澤田伸大選手(トライフォース柔術アカデミー)VS赤堀祥一選手(ストライプル)
 まず赤堀選手が引き込みベリンボロを狙うも、澤田選手は慣れた様子で冷静に対処します。


 赤堀選手の下からの腕十字を防ぎ、担ぎから亀になった赤堀選手を潰し、澤田選手がアドバンテージを得ます。

 澤田選手は絞める素振りで襟を持ちながら、相手を跨いで巻き込みながらバックを狙います。澤田選手が足を抜いて4ポイント。

 しっかり頭を押し付けて密着しながら回転し、5分過ぎに最後は送り襟絞めで一本。澤田選手が紫帯でも十分トップレベルであることを証明しました。

 ■IF-PROJECT主催「COPA IF-PROJECT 2013」公式結果は以下から!
http://www.if-pro.com/taikai/copaif/2013/index.html