2016年8月20日土曜日

【日本時間8/21 AM6:30開始】UFC202:Diaz vs McGregor2 世紀のリマッチ ネイト・ディアスvsコナー・マクレガー 水垣偉弥参戦
AbemaTVにて全試合生中継


8月20日(日本時間21日)アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスのT-MobileアリーナにてUFC202 : Diaz vs McGregor 2が開催されます。

メインイベントでネイト・ディアス選手とコナー・マクレガー選手が世紀のリマッチに挑みます。3月のUFC 196で初対決した両者は今回もウェルター級で激突、ディアスは連勝を、マクレガーはリベンジを果たそうと意気込んでいます。
また、バンタム級ランキング11位につける水垣偉弥選手が参戦。同8位のコーディ・ガーブラント選手とのサバイバルマッチに挑みます。

UFC 202:公式計量結果 | UFC ® - News

UFC 202:プライドを懸けて雪辱に燃える静かなるマクレガー | UFC ® - News
マクレガーとディアスの共通点、成り上がりに懸ける貪欲さ | UFC ® - News
コナーのトレーニングパートナー、グラウンド戦はコナーが圧倒する | UFC ® - News
ネイト・ディアスはホーマー・シンプソン? | UFC ® - News
3階級制覇を狙うマクレガー、まずはディアス戦に集中 | UFC ® - News
マクレガーの軌跡:スーパーマッチ7戦 | UFC ® - News
今やスーパースターも、剣路を歩んできたネイト・ディアス | UFC ® - News
ウッドリー、GSPに文句をつけるネイト・ディアス | UFC ® - News
デイナ・ホワイト、マクレガーはフェザー級復帰&ウェルター級頂上決戦はウッドリーとトンプソン? | UFC ® - News
アルバレス、ディアス対マクレガーの勝者との試合を希望 | UFC ® - News
要求が通ったテイシェイラ、あとは結果を残すのみ | UFC ® - News
グローバー・テイシェイラの軌跡:都市伝説からUFCスターへ | UFC ® - News
アンソニー・ジョンソンの素顔、謙虚なランブル | UFC ® - News
注目株:UFC 202出場の新星ファイター | UFC ® - News
UFC 202で躍進を遂げたいフィリップス | UFC ® - News

大会の模様は日本時間21日AM6時30分よりAbema TVの「格闘チャンネル」にて全試合無料完全生中継されます。実況は髙橋大輔さん、解説は矢野 武さん、大沢ケンジさんです!


Abema TV https://abema.tv/
UFC 202
放送日程:2016年8月21日(日)
放送時間:【LIVE】6 時30分-15時00分
(放送時間は変更になる場合があります)
放送チャンネル:格闘チャンネル

mmaplanet
【UFC202】計量終了 マクレガー「殺せる時に殺しておくべきだった」×ネイト「もう一度、殺ってやる」
【UFC202】ネイトへのリベンジには、精度とタイミングを生かすための修正力が必要なマクレガー
【UFC202】ガーブラントの勢いを受け止める経験値で、勝負。水垣偉弥、大逆転へのシナリオ
【UFC202】プレリミ・メインも見逃せない、逆転BJJのマグニー×スイッチ&ケンポーのラーキン
【UFC202】ネイト・ディアス 「ただ勝つためにオクタゴンへ」×コナー・マクレガー 「ストレートな試合」
【UFC202】難敵ガーブラント戦に向けて、水垣偉弥 in Las Vegas 「空気を読まずに勝ちますよ(笑)」
【UFC202】ガーブラント戦が決まった水垣偉弥<03> 「一度、正面衝突する必要があります」
【UFC202】ガーブラント戦が決まった水垣偉弥<02> 「自分にとっては最大のチャンス」
【UFC202】ガーブラント戦が決まった水垣偉弥<01> 「ブラジルでアルメイダ、シカゴでジミー・リベラ」

UFC 202:ディアス vs. マクレガー 2
現地時間8月20日(土)、日本時間21日(日)
T-Mobileアリーナ(アメリカ・ネバダ州ラスベガス)

【メインイベント】
ウェルター級 5分5ラウンド
ネイト・ディアス(170.5lbs/77.34kg)
コナー・マクレガー(168lbs/76.20kg)

【メインカード】
ライトヘビー級 5分3ラウンド
アンソニー・ジョンソン(205.5lbs/93.21kg)
グローバー・テイシェイラ(205.5lbs/93.21kg)

ウェルター級 5分3ラウンド
リック・ストーリー(171lbs/77.56kg)
ドナルド・セラーニ(170lbs/77.11kg)

ウェルター級 5分3ラウンド
イム・ヒョンギュ(171lbs/77.56kg)
マイク・ペリー(169lbs/76.66kg)

ウェルター級 5分3ラウンド
ティム・ミーンズ(171lbs/77.56kg)
サバ・ホマシ(170.5lbs/77.34kg)

【プレリム】
バンタム級 5分3ラウンド
コーディ・ガーブラント(136lbs/61.69kg)
水垣偉弥(136lbs/61.69kg)

女子バンタム級 5分3ラウンド
ラケル・ペニントン(135.5lbs/61.46kg)
エリザベス・フィリップス(134lbs/60.78kg)

フェザー級 5分3ラウンド
アルテム・ロボフ(144.5lbs/65.54kg)
クリス・アビラ(146lbs/66.22kg)

女子ストロー級 5分3ラウンド
ランダ・マルコス(116lbs/52.62kg)
コートニー・ケイシー(116lbs/52.62kg)

【アーリープレリム】
ウェルター級 5分3ラウンド
ニール・マグニー(171lbs/77.56kg)
ロレンツ・ラーキン(170.75lbs/77.45kg)

ウェルター級 5分3ラウンド
コルビー・コビントン(171lbs/77.56kg)
マックス・グリフィン(170.5lbs/77.34kg)

ミドル級 5分3ラウンド
アルベルト・ウダ(185.5lbs/84.14kg)
マービン・ヴェットーリ(185.5lbs/84.14kg)