2014年10月27日月曜日

黒帯無差別級も実現!【第8回北海道柔術選手権】レポート

黒帯無差別級も実現!【第8回北海道柔術選手権】

一度は開催が延期されたJBJJF「第8回北海道柔術選手権」が、10月26日(日)札幌市豊平区豊平区体育館柔道場にて無事開催された。連盟カード不要(ただし参加費1000円アップ)、参加選手は中井祐樹会長のセミナー参加できるとあり、北海道の柔術家が多数集結。黒帯対決も実現した。
 今回は盛り上がりを見せた同大会から、無差別級の3試合をレポートします。

アダルト黒帯オープンクラス決勝 髙橋計康vs佐藤恒明(共にギムナシオン札幌)

  黒帯は同門対決になり、ギムナシオン札幌代表の佐藤選手と、東京遠征でも抜群の成績を残す佐藤選手の対戦。序盤は立ち技で互いに様子見も、一分過ぎに佐藤選手が隅返しで上になり2ポイント先制。髙橋選手はスグにスパイラルで後ろに周り倒し、上を取りかけるも……佐藤選手が持ち直し上をキープ。高橋選手はハーフで絡みつくが、中盤に佐藤選手が足を抜きパスマウンド、サイド、ニーオンとポイント重ね勝利した。

アダルト青帯オープンクラス決勝 松本幸希(パラエストラ札幌)vs二階堂昭仁(HLC GYM)

  試合開始と共に飛びつく形で引き込み、積極的に三角を狙いながら十字絞め、腕絡みなどを仕掛けていく。二階堂選手はなかなか松本選手の密着ガードを割ることができず、このままタイムアップ。松本選手の優勢勝ち。


アダルト白帯オープンクラス決勝 石田拓也(パラエストラ八戸)vs松野弘宗(厚別柔術)

 13名参加の無差別級では、階級別共に優勝者同士の一戦に。特にフェザー級の石田選手は白帯と思えぬスパイダーガードで、重量級の松野選手をコントロール。終盤に三角を狙い、崩れたところをバックを奪い最後は送り襟絞めを極めた。

団体優勝は白・青・紫・茶で優勝選手を出したパラエストラ札幌に!

優勝  パラエストラ札幌 30P
準優勝 ノースブルーザーズファイティングクラブ 22P
3位  パラエストラ八戸 18P

中井祐樹会長セミナーも大好評!!

 大会終了後には中井会長のセミナーが行なわれました。北大出身のレジェンド柔術家だけに、白帯から黒帯まで、多数参加し、大好評を得ていました。JBJJF会員で大会参加者は今回“無料“!このような特典は付くならば、連盟カードを持つ価値、が出ますよね。

以上