2014年10月16日木曜日

金古一朗の勝手に教則DVDレビュー!渡辺直由『渡辺直由 ブラジリアン柔術ベストテクニック』

月一連載・柔術全日本選手権黒帯“フォータイムス”チャンピオン金古一朗選手(ポゴナ・クラブジム)による柔術教則DVDレビュー! 第10弾は独創性に溢れるテクニックの数々に、信者も多い渡辺直由さんのDVD『渡辺直由 ブラジリアン柔術ベストテクニック』です。

金古氏のレビューは以下から!

今回は僕が柔術を始めた頃の憧れの選手でもある、トライフォース柔術アカデミー・渡辺直由先生の教則DVDを紹介させていただきます。

先日行われた須藤元気主催の柔術大会「一騎討ち」でも、
優勝候補筆頭の全日本ライト級王者・細川顕選手(ALIVE)をあわや!
という所まで追い詰め見事に現役復帰を果たしたのは記憶に新しいところです。


現在は現在は石垣島に移住し、ほぼ柔術は引退状態ですが、現役バリバリの頃は体の柔軟性を生かしたフレキシブルなボトムからの仕掛けと極めの強さが際立っていました。
本作では、そんな渡辺氏の魅力が遺憾無く発揮されています。

特にクローズドガードからの仕掛けは秀逸です。
小手巻き(所謂コムロック)からの展開や、

脇を差した所からのバリエーションはその昔池田聡さんがやられてた動画配信番組「柔術パラダイス」でも紹介されていましたが(昔からの柔術ファンには懐かしい!) 素晴らしいの一言!

またホレッタガードを最初に日本に持ち込んだパイオニアとしても有名な渡辺氏。
本作でも日本におけるホレッタの第一人者として細部に渡るディティールを丁寧に説明しています。

いや、本当に説明が上手くてビックリです!

僕が日本人の柔術家の教則DVDを見た中では早川先生と並び断トツに上手いです。

流石国内トップアカデミーであるトライフォースにおいて、長らく師弟関係にあったお二人だけにどちらも超が付くほど言葉に説得力があります!

テクニック的には「中級者向けの基本」といった感じですね。

中には難易度の高い技もありますが全体的には基本+αといった感じで、
渡辺先生の説明が非常に丁寧なこともあり白帯の人が見ても十分に理解可能だと思います。

しかもただ分かりやすいだけでなく基本的な技でも+αが加えられていることにより実戦で格段にかかりやすくなっているのも嬉しい所ですね。

金古評価 ★★★★☆

そんな渡辺選手の欧州選手権時の試合動画!