2014年8月26日火曜日

8月24日須藤元気主催アマチュア柔術大会『一騎討』レポート!VOL,2

昨日に引き続き、8月24日に須藤氏主催のアマチュア柔術大会「一騎討」のレポート第二弾は、激戦の連続である準決勝、決勝の様子をお届けします!

一回戦を終えて、選手たちの休憩を兼ねて空手の演舞が始まります。

準決勝第一試合
事実上の決勝戦と言える細川顕vs渡辺直由。上攻め細川、下攻め渡辺で終始展開し、アグレッシブさで細川勝利!

準決勝第二試合
中村浩士vs桜井隆多。お互いテイクダウンを狙うもなかなか成功せず、終盤に中村が引き込み腕十字を仕掛けるなど下技の豊富さで中村勝利。

決勝前に再度休憩を兼ねて、太鼓の生演奏。すっかり日も落ち、幻想的な雰囲気に。

一騎討決勝戦
細川vs中村。さすが全日本2連覇の細川が、引き込んで三角、十字、そしてパスなどリードし続ける。中村も逆転を狙い足関仕掛けるも逃れられ、最後は細川は奥襟絞めでフィニッシュ!

 優勝した細川選手には、副賞として米俵一俵とアサイーのドリンクが贈呈される。 

1位:細川顕、2位:中村浩士、3位:渡辺直由、桜井隆多 下段写真は細川選手が所属するALIVE代表鈴木陽一氏と。

囲み取材で須藤氏は、「今後はシーズンごとに一度、次回はお正月に開催できれば。お正月に紅白の垂れ幕の中でやったらカッコいいと思うんですよね」と、次回大会は正月!? アマチュア大会ではあるが、演出はプロ大会。柔術家の一つの目標するのもありですね。

■一騎討
http://ikkiuchi.com/

(写真:kaori sugawara)