2016年12月8日木曜日

大会結果:12/4 JBJJF 第2回全日本チーム対抗柔術選手権 武道館ひびき | IMPACTO JAPAN B.J.Jが4チームの頂点に!


2016年12月4日(日)大阪府豊中市・武道館ひびきにて開催されましたJBJJF『第2回全日本チーム対抗柔術選手権』の公式結果がオフィシャルサイトに掲載されています。

【公式結果】第2回全日本チーム対抗柔術選手権
2016/12/04『第2回全日本チーム対抗柔術選手権』

関西初開催となったチーム対抗柔術選手権には、募集期間が短かったにも関わらず“IMPACTO JAPAN B.J.J”“GBファイターズ”“吹田柔術”と混成チームの“柔術狂達”の4チームがエントリー。


IMPACTO JAPAN B.J.J


GBファイターズ


吹田柔術


柔術狂達

1回戦ではIMPACTO JAPAN B.J.Jが吹田柔術を、GBファイターズが柔術狂達をそれぞれ破り、決勝でIMPACTO JAPAN B.J.JがGBファイターズを撃破、これまでにも団体戦を何度も制してきたIMPACTO JAPANチームがその強さをみせて優勝しています。

「帯色によるカテゴリー分けは無し」という今大会のレギュレーションに沿って白帯から黒帯まで各チームバラエティーに富んだ編成で、実際の試合でも黒帯vs白帯や茶帯vs青帯など普段の大会ではあり得ない帯色を超えた顔合わせも多数実現、上の帯の選手が貫禄と圧倒的な強さを見せる場面や、下の帯の選手が大健闘もしくはアップセットを起こす場面などもみられ、団体戦ならでは応援合戦や、仲間同士の戦いを見守りその喜びを分かち合い健闘を称えあう姿が印象的な、とても盛り上がりを見せた大会になりました。

チーム対抗柔術選手権は、引き続き関西をはじめ関東以外の地区での開催も検討されているとの事ですので、このチーム戦ならではの盛り上がりが定期的に見られることを期待したいですね。


第2回全日本チーム対抗柔術選手権
2016年12月4日 大阪府豊中市/武道館ひびき

公式結果


合計体重350kg以下部門

優勝:IMPACTO JAPAN B.J.J
・Miqueias Toshio Asada/黒帯 ※
・Charles Gaspar Costa/黒帯
・Fernando Shigeru imafuku/茶帯
・Igor urata/青帯
・今治暁人/Akito Imaji/青帯


準優勝:GBファイターズ
・田中裕造/Yuzo Tanaka/茶帯 ※
・土居誠/Makoto Doi/紫帯
・稲岡松/Sho Inaoka/青帯
・堀川大地/Daichi Horikawa/青帯
・山本博斗/Hakuto Yamamoto/青帯


3位:吹田柔術
・向後正彦/Masahiko Kogo/茶帯 ※
・津田佳和/Yoshikazu Tsuda/紫帯
・三好寛/Hiroshi Miyoshi/紫帯
・山口卓美/Takumi Yamaguchi/白帯
・大西永純/Eijun Onishi/白帯
※山口選手は負傷により棄権


3位:柔術狂達
・林康二郎/Kojiro Hayashi/茶帯 ※
・佐藤智彦/Tomohiko Sato/紫帯
・大坪秀大/Hidehiro Otsubo/紫帯
・江島孝一郎/Koichiro Eshima/紫帯
・武元具視/Tomomi Takemoto/青帯

※はチームリーダー