2014年11月11日火曜日

金古一朗の勝手に教則DVDレビュー!ライアン・ホール『インバーテッドガード』3枚組

月一連載・柔術全日本選手権黒帯“フォータイムス”チャンピオン金古一朗選手(ポゴナ・クラブジム)による柔術教則DVDレビュー! 

今月はあの軟体&饒舌おっさんライアン・ホールが、自身の代名詞である“インバーテッドガード”を中心とした3枚組のDVDです。

今回は金古さん評価はかなりの辛口に!?

金古一朗レビュースタート!

ライアン・ホール インバーテッドガード ブラジリアン柔術テクニック 3枚組 Ryan Hall - Inverted Guard

その軟体ガードを生かしADCC4位になったこともあるライアン・ホール。 僕が最初に彼を知ったのは2006年頃でしょうか。
アサイーカフェで紹介されていた彼は多分まだ10代でアサイーカフェでも「ライアン君」と呼ばれていました。 http://cafe.quietwarriors.com/?eid=423059
このライアン君(笑)の代表的な技がインバーテドからくるっと回転して三角絞め
に入る所謂「ライアングル」でした。
当時はまだこのインバーテド(逆さ)という言葉はなく単に逆さガードみたいな言い方をされてたと思います。
その後僕自身も2009年頃から使い始め奥の手として今でも試合でたまに出したりもします。 そんなことから去年参考のために購入したのが本作です。

3枚組6時間という超大作、結論から言うと「説明が長い」です(笑)
そしてまともにインバーテドからの技をやっているのは3枚中1枚のみです。
あとはガードが崩された時の対処としてインバーテドを経由したリカバリーを長々と説明していたりクロスグリップからの所謂ホレッタ系の技術を紹介していますがそれってインバーテドじゃないよね…。
正直英語の説明が長すぎなのにも辟易だし久々に洋物DVDを見て心が折れました(笑)
ライアン・ホールはこの他にもパスガード編や50/50編、バックアタック編等様々なシリーズを出していますが僕がこの先これらのシリーズを購入することはまずないでしょう。 英語が堪能な方は購入を検討してみてもいいかもしれません。

金古評価
★☆☆☆☆